買って良かったモノ

コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液

更新日:

コンタクトレンズのこすり洗いって面倒ですよね。今まで適当にやってたのでなんとなく曇っている感じでした。

AmazonでAOセプトクリアケアが安かったので買いました。

こすり洗い不要なのでまさに自分にぴったりな洗浄液で、買って大正解でした。毎日新品のレンズを装着している感じになって気持ちよくて癖になってしまう洗浄液なんです。

スポンサーリンク

こすり洗い不要のコンタクトレンズ洗浄液

購入した洗浄液は「AOセプトクリアケア」です。コンタクトレンズには無頓着なので、購入するまで存在を知らなかったのですが、人気のコンタクトレンズみたいです。

人気の要因は、こすり洗い不要のコンタクトレンズ洗浄液だからに他なりません。

コンタクトレンズは、夜は外すときにこすり洗いしてから保存液に保存。朝は保存液から取り出してこすり洗いしてから装着と、とにかく面倒です。

冒頭でも触れましたが、僕のようにコンタクトレンズを新しくして一週間くらい経過すると、曇ったような微妙な感じになるといった方には衝撃的な洗浄液だと思います。

なぜAOセプトクリアケアは、こすり洗いが不要なのか?

細かい話を色々するよりも洗浄中の映像を見てもらうのが、一番わかりやすいと思います。

レンズケースの底から大量の泡が湧き上がってきてるのを確認できたと思います。この泡がコンタクトレンズの曇りの原因となる、汚れやたんぱく質を浮かび上がらせて落とす原理となっています。

この原理の良い点は、ハードレンズのような煮沸消毒しているわけではないので、電源などはもちろん不要なので置いておく場所を選びません。

こすり洗いを不要にする泡の正体は「過酸化水素水」です。

過酸化水素水は消毒にも使われます。学校や会社に設置されているオキシドールがそうです。コンタクトレンズを過酸化水素水につけることで細菌を除去します。

「泡はどうやって発生させるの?」

白金を使って過酸化水素水を分解して泡(酵素)を発生させています。その泡の力と過酸化水素水の消毒力のダブルパワーで、コンタクトレンズのこすり洗いを不要にしています。映像の通り、初めて見た方は衝撃を受けるくらい凄いです。

AOセプトクリアケアには専用のコンタクトケースが付属されています。その専用の器具には、「白金」を含んだ金属が器具の先端に設置されています。

この金属部分が過酸化水素水と反応して映像のような泡を発生させます。

過酸化水素水は危なそうだけど大丈夫なのか?

細菌を除去してしまうくらいの消毒力は凄いけど、目に装着するコンタクトレンズに使っても大丈夫なの?と疑問に思うはずです。

ご覧の通りで、洗浄液のパッケージには大きく注意書きがあります。この注意書きを見たときは怖いなぁと正直思いました。

説明書を読んでみると、専用コンタクトケースに6時間以上、コンタクトレンズを浸けておくことで過酸化水素水は分解されて水に戻るそうです。先ほど紹介した映像のように泡が発生しているのは40分くらいです。

その時点で過酸化水素水の大変は水に還っています。それから5時間半くらい引き続き浸けておくことになるので心配する必要はないと思います。それにコンタクトレンズを目に装着する前に一度すすぎもしますので神経質になる必要は無いです。

ちなみに AOセプトクリアケアではすすぎはできませんので注意してくださいね。

AOセプトクリアケアは目にしみるのは本当だった!間違い防止のための工夫を紹介

すすぎ用にコンタクトレンズ洗浄液が別で必要となります。この部分が、AOセプトクリアケアの気になる部分だと思います。それを補うだけのメリット「毎日が新品のコンタクトレンズの爽快感」を得られます。

絶対にやってはいけないことですが…

寝坊したときにコンタクトレンズをすすぎし忘れて装着したのですが、目に痛みを感じなかったので本当に水になっているんだと身をもって体験しました。

専用コンタクトケースの使い方

AOセプトクリアケアの専用コンタクトケースの使い方を簡単に説明します。よく考えられていて、この専用ケースを使うようになってからは、コンタクトレンズを裏表反対に装着する失敗が無くなりました。

まずは透明容器の内側に記されている線の部分まで、洗浄液を注ぎ込みます。

もし洗浄液がこぼれても焦る必要はないです。AOセプトクリアケアの過酸化水素水の濃度は3.24%です。怪我したときの消毒に使うオキシドールと同程度の濃度です。ティッシュなどで拭き取って手洗いでOKです。

続いて、白色の器具にコンタクトレンズをセッティングします。上から下にカパッと開くと、ちょうどコンタクトレンズを掛けて設置できるようになっています。このとき外したまま掛けておけば、洗浄後に取り出すときに裏表を間違えることがありません。

両方のコンタクトレンズを設置できたら、カパッと開いた部分をしっかりと閉じます。

後は洗浄液を注ぎ込んである透明の容器に入れるだけOKです。入れた瞬間から泡が発生し始めます。初めてのときは何分見ても飽きません。夫婦で「おぉー」とかいって感動してました。

実際に2週間使ってみた感想

コンタクトレンズを新品に変えて14日目の朝も初日のようなクリアさがあります。次の日から新しいコンタクトに入れ替えるのが信じられないというか、もったいないくらいです。

やっぱり「こすり洗い不要」は楽ですね。しかも、自分でこすり洗いするよりも確実にキレイになっているのが凄いところです。

気になる点は、AOセプトクリアケアとは別にすすぎ用の洗浄液を準備することくらいです。すすぎ用の洗浄液は特に指定はないので、今お持ちのもので問題ないかと思います。

以前はAOセプトクリアケアのセット品で「ソフトウェアプラス」という洗浄液が販売されていましたが、現在は販売終了となっています。一般的な洗浄液があれば事足りるので仕方ない流れだと思います。

この商品の良さは、Amazonのレビュー数を見てもらえれば一目瞭然です。今日時点で570件オーバーです。

こすり洗いが面倒、コンタクトレンズの曇りが気になるという方は、この機会にぜひ一度試してみてください。おすすめです。

おしまい。

-買って良かったモノ

Copyright© なごみや , 2017 AllRights Reserved.