ダンボール2箱分の買取申込み

家計管理

本棚を整理して12,205円ゲット!ダンボール2箱分の本を処分しました。

投稿日:

「ホコリを被った本が本棚を占拠していませんか?」

娘の成長に合わせて着実に絵本が多くなってきています。このままでは近いうちに本棚に入りきらなくなってしまう…「どうしよう?」と本棚の整理を始めたところ、ホコリを被っている本が何冊もあることに気が付きました。もちろん僕の本ばかりです…

そこで本棚の整理も兼ねて長い間読んでいない本の処分を決めました。今回利用したのは、リコマースというオンライン買取サービスです。買取に出した本は全部で109冊です。買取金額はまさかの1万円超えで、12,205円した。

リコマースを利用した決め手は、ダンボールに本を詰めるだけで集荷までしてくれるサービスだったからです。

スポンサーリンク

リコマースってどんなサービス?

リコマースの存在を知ったきっかけは、実り多き人生のみのりさんの記事でした。

以前、Amazonの買取サービスを利用していたのですが、いつの間にかサービスが停止して「どうしようかな?」と思っていた矢先だったので朗報でした。

このリコマースというサービスをよくよく調べたところ、Amazonと関係していて驚きました。

密接どころか、Amazonの買取サービスそのものでした。Amazonのサイトからからリコマースにリンクされています。

業務提携しているのでしょうか?詳細は不明ですが、いずれにせよAmazonが関係しているので安心ですね。

続いて、リコマースを使ってみて感じたことを評判がてら紹介します。

リコマースを使って良かった点

1. Amazonアカウントで簡単登録

リコマースへの利用登録がとても簡単でした。

Amazonアカウントを使ってログインするだけです。リコマースに対して氏名や住所などの煩わしい入力作業は不要です。ログインするだけですぐに買取の申込みができます。

【リコマース宅配買取サービス】からAmazonアカウントでログインすると、すぐに買取申込みが始まります。

recommerce

2. 無料でダンボールを手配

買取申し込みのときに「宅配キット」を希望すると新品のダンボールを無料で届けてくれます。本来なら宅配するだけでもお金がかかるのに無料ですよ。恐ろしい時代になりました。

ダンボールは折りたたんでいても場所をとるのでキープしている家庭は少ないです。だから、宅配キットは本当に助かります。気配りの行き届いた素晴らしいサービスですね。

段ボールは最大5箱までとなっています。5箱というのは1度に買い取りのお願いをできる最大は個数です。

買い取り点数ではなくて箱数というところはざっくりしてていいですね。

3. 集荷もしてくれる

本詰めて重くなったダンボールは玄関まで運んでおくだけです。宅配業者が自宅まで引き取りにきてくれます!もちろん無料です。

買取申込みのときに集荷日を指定できるので、無理のない梱包スケジュールを立てられます。

4. 申込み時点の買い取り価格を保証

「宅配買取だから申込み前の査定は高くても実際の買取は先だから買取価格が下がるのでは?」とか心配になりますが、リコマースでは申込み時点での買取価格を保証してくれます。

慌てる必要がないので、じっくりと私物を見定めて梱包しても大丈夫です。

5. 買取金額の支払いが早い(ただしギフト券)

リコマースという会社はAmazonギフト件での買取になります。

amazon-gift

「現金じゃないの?」と一瞬思いましたが、Amazonでは書籍から電化製品、今では食料品まで手に入ります。ギフト券であっても困ることはないはずです。

ギフト券だからこそ買取金額の支払いがちょっぱや(すごく早い)です。査定内容の承認ボタンを押したと同時くらいに、ギルト券がメールで届いたくらいです。

6. 初回の利用が少しだけ面倒

リコマースを利用して唯一気になった点です。

初回利用に限り本人確認が必要です。これはリコマースに限った話ではなく、他のオンライン買取サービスでも同じです。

しかし、いただけないのが本人確認の方法が郵便局の本人限定受取サービスだからです。郵便局の本人確認方法は佐川急便の同サービスと比べると、確認までの手順が多くて面倒なのです。

佐川急便の場合は、自宅で集荷サービスを利用だけで本人確認ができるのに対して、郵便局の場合は、

「郵便局からお知らせが来る→電話で免許書番号など伝える→指定日時に限定受取商品が届く」それとは別に集荷が必要なので手順が多いです。

あくまでも初回だけの話なので、2回目以降の利用では本人確認は不要です。

オンライン買取サービスのメリット

「ネットで買い取りは不安」「ブックオフとか店舗に持ち込んだほうが早くない?」と心配になる方もいると思います。ネットにはネットのメリットがあります。

  • 重いダンボールを持って店舗まで運ばなくても良いです
  • 買取品数が数十冊、数百冊になっても査定のために待たなくて良いです

これって大きいなポイントです。ふだんからブックオフなどに通っている人は、細々売買しているので実店舗のほうが便利ですが、僕みたいにブックオフなどと古本屋と馴染みのない人間からしたら、年に一回、下手したら3年に一度くらいしか本の買取は利用しません。

そういうタイプの人にはオンライン買取サービスは魅力的です。

Amazonが関わっているので安心感も違います。

リコマースの査定結果には満足!

合計109点で、12,205円でした。

kaitori-total

明細はこちらです。高い本だと1,000円以上の値が付きました。

kaitori-dtl-1

一方でコンディションが良くても1円もありますし、古い参考書系は買取不可でした。でも捨てるつもりの本だったので処分してくれるだけでOKです。

kaitori-dtl-2

本棚を占拠していた「読まれない本達」が大化けしました。嬉しいご褒美になりました。

今ならお得な特典がいっぱいです。

先ほど紹介した買取一覧表の最後に注目してください。ぼやけて見づらいのですが下記の情報が記載されています。

  • キャンペーンアップ【本】3点以上 1000円アップ
  • クーポン:Family会員20%アップ

1000円増額キャンペーンは買取申込みが2016年11月27日まで、Amazonファミリー限定20%アップは、2017年1月末までです。

今は本当にお得なタイミングなので、本棚に読まない本がたくさんある方はぜひ利用してみてはどうでしょうか。3冊以上で1000円アップは、古本の買取では破格な条件です。

詳細は「Amazon買取サービス」でご確認ください。

買取のお申し込みは【リコマース宅配買取サービス】からできます。

おしまい。

-家計管理

Copyright© なごみや , 2016 AllRights Reserved.