子育て

就寝時刻22時以降の3歳児の割合は29%!わが家の思い切った寝かしつけ方針の紹介

更新日:

娘が眠りにつく時間は22時です。21時45分にお布団に入って、15分ほど会話していると眠りにつきます。寝かしつけが楽で助かるのですが、「寝る時間が遅すぎるかな…」と気になっていました。

そんなときにタイムリーなニュースがありました。環境省が実施した健康調査の結果によると、就寝時刻が22時以降の子どもの割合は3歳児で29%もいるそうです。

この記事では22時になるようになった理由と寝かしつけの方針について紹介します。

スポンサーリンク

子どもの理想の睡眠時間は?

娘は4歳です。4歳児の理想の睡眠時間はスクスクのっぽくんというサイトの調査によると、10時間から13時間とされているそうです。

年齢 理想の睡眠時間
1〜3歳 12〜14時間
4〜6歳 10〜13時間
7〜12歳 10〜11時間
13〜18歳 8〜9時間

リオスの睡眠時間が13時間って、共働きの家庭には絶望的な数値ですよね。朝の7時に起こすとしても夕方の18時に寝かせる必要があります。10時間だとしても夜の21時がリミットです。

会社を定時ダッシュしてお迎えにいっても帰宅するのは、最速で18時半です。そこから夕ご飯作って食べて、速攻でお風呂にはいれば、21時にはベッドに入れるかもしれません。しかし、それでは娘は絶対に寝付かないのです。

なぜなら眠りにつくための心の準備ができていないからです。「心の準備」というのは親子のコミュニケーションの時間です。

小さいなりにも保育園であった出来事をパパやママに伝えたいことが山ほどありますし、絵本だって読んで欲しいのです。何気ない時間でありますが、とても大切な時間だと思います。

子どももそうですが、親にとっても大切な時間です。親子の時間をもっと大切にしておけば良かったなんて後悔する父親は多いそうです。

後悔するパパが6割…子どもと遊べる時間は今しかない

就寝時刻を22時にした理由

以前はは「娘にはできる限りの睡眠時間を確保してあげたい」と、ただそれだけを考えて毎日、可能な限り最速でベッドに入っていましたが…

「眠れない…」

「まだ眠くない」

「トイレに行きたい」

「水飲みたい」

「絵本!」

そうこうしているうちに1時間、時計を見れば22時。なかなか寝付かない娘にイライラしてしまう親…、そんな状況で気持ちよく眠れるわけないですよね。

そういう状況が連日連夜続いたある日、「それなら最初から22時を目指せば良いじゃないか…」と考えるようになったのです。

ダメなら戻せばいいやという気持ちで、思い切って生活スタイルを変えてみたところ大成功でした。

寝る時間を遅らせてできた1時間は、夕食後に絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりして、子どもとの時間に割り当てました。遊び終わった後にお風呂にいって21時45分頃にベッドに入ります。それまでの状態が、まるでうそだったかのように眠りにつきます。

正直、寝る時刻は遅いとは思っています。けど、就寝時刻が22時というスタイルが、僕たち家族には適しているのです。

わが家の寝かしつけの方針

Rulu

賛否あると思いますが、無理に寝かせようとして親子でイライラ過ごす時間を、子どもと遊ぶ時間に割り当てて、心の満足感を優先させる方針です。

睡眠不足が気になるが、保育園のお昼寝が解決

「わが家の寝かしつけ方針!」なんて偉そうなこと言いましたが、それでもやはり睡眠時間は足りているのか?というのは気になってました。

気になる睡眠時間は、就寝22時で起床は翌朝6時半なので8時間半です。理想の睡眠時間に1時間半足りていない状態です。理想の睡眠時間と比較すると睡眠不足です。でも、毎日、元気そうだから大丈夫かなと(^_^;)

子どもの睡眠不足?というのが気になっていたのですが、先日、NHKニュースで「子どもの睡眠不足」について取り上げられていました。

また、昼寝を含む1日の睡眠時間が10時間に満たない睡眠不足の子どもの割合は1歳児で3%、1歳6か月で5%、3歳児で7%となっていました。

「昼寝」という言葉に救われました。

娘は保育園に通っています。保育園は幼稚園と違って、2時間のお昼寝時間があります。ふだんの睡眠時間の8時間半に2時間を加えると、10時間半で、理想の睡眠時間に何とか当てはまるのです。

以前は、保育園は、なぜお昼寝があるんだろう。幼稚園と方針違いすぎないか?と疑問に思っていたのですが、共働きの生活スタイルを考慮している部分があるのかなと…、これはあくまでも僕の推測なので確証はないですが。

子どもの睡眠不足は怖い

Child fear

子どもの睡眠不足は、身体の成長に悪影響があるそうです。

成長ホルモンには、タンパク質の合成を促進して、骨を支える筋肉を強化する作用もあります。

この成長ホルモンの約3分の2は、睡眠中に分泌されるといわれており、特に「深い眠り」のときに、たくさん分泌されます。

睡眠時間を削ってしまうと、成長ホルモンの分泌が制限されてしまい、結果として低身長など、身体の成長が遅れる影響が懸念されるようです。

就寝時刻の設定は、トータルの睡眠時間を考慮しつつ決める必要があります。

おしまい。

-子育て

Copyright© なごみや , 2017 AllRights Reserved.