フォトスタジオでの心構え

子育て

フォトスタジオでの料金を安く抑える5つの心構え

投稿日:

はじめてのフォトスタジオ経験はスタジオマリオでした。カメラのキタムラでコンデジを購入したときに、1万円相当の撮影お試し券をもらったのがきっかけでした。

せっかくだから娘の写真をタダで撮ってもらおう!という軽い気持ちで足を運んだのですが…。結果は2万5千円という、とても大きな予定外の出費になりました。その後も2度ほど同じような出費を繰り返しました。

そんな状態だった、わが家が同じ鉄は二度と踏むまいと大切にしている5つの心構えを紹介します。週末に撮影を控えているご家族の方にはぜひ読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

フォトスタジオの料金の仕組み

フォトスタジオの料金は一般的には「基本撮影料 + 商品代金」です。

何枚撮影しても基本撮影料は変わりません。

この部分が料金を安く抑えるための心構えのポイントになります!

1.事前に衣装替えの回数を決めておく

スタジオマリオ、スタジオアリスといったフォトスタジオは、衣装替えは何回しても基本撮影料の3,240円のみです。

「何回も着替えて撮影したほうが得じゃん!」

そう思われた方はフォトスタジオで大きな出費する可能性大です。やばいです。

「タダだから」「この衣装もいいね!あの衣装も!」といった具合に、無鉄砲に衣装替えを繰り返すと、相手もプロのカメラマンです!こっちが欲しくなる写真をバシバシ撮ってきます。

撮影枚数が増えても基本撮影料は変わりませんが、手元に残しておきたい写真は確実に増えます。

最低でも衣装替えの回数以上の写真を購入することになりかねません。わが子の写真となればなおさらです。

事前に衣装替えの回数を決めておきましょう。

2.セット商品は選ばない

フォトスタジオ初体験で一番失敗するポイントです。

店舗に入るとメニュー表のようなもの渡されます。その中にはセット商品の紹介ばかりです。何も知らないと、「えっ!?こんなにも高いの?」と驚きながらも自然の流れでセットを選んでしまいます。

でも、スタジオマリオ、スタジオアリスともに商品は、セットではなく単品での購入も可能です。

複数の商品を単品で購入するよりは、セット商品のほうが確かにお得ではあるのですが、本当に必要なのでしょうか?

3足セットで980円の靴下ではありません。数万円の出費になります。

セット商品は豪華で大きなモノが多いです。それらを全て飾るには相応のスペースが必要となります。わが家は一度も飾らずに箱の中に入ったままの写真があります…

ちなみに下記リンクはスタジオマリオとスタジオアリスの商品ページです。両フォトスタジオともに同じような流れでセット商品を勧めています。

商品・料金案内:記念日の写真撮影は【スタジオマリオ】

料金・商品|こども 赤ちゃんの写真撮影ならスタジオアリス

セット価格に惑わされないでください。本当に必要な写真だけを購入しましょう。

3.購入する商品を決めておく

前項と少し被るのですが、フォトスタジオに出掛ける前に購入する商品を決めておきましょう。

フォトスタジオには多くの商品が展示されています。どれもこれも欲しくなってしまいます。最近ではクリスタルのフォトフレームが人気だそうです。キラキラした感じで僕も好きです。

昔の写真館と違ってフォトフレームだけではなく、名刺やシール、キーホルダーといった小物も充実しています。事前に購入する商品を決めておかないと、あれもこれも欲しくなってしまいます。

逆にいえば購入する商品を決めておけば、選ぶべき写真の枚数も決まりますし、衣装換えの回数も決まるのです。

子どもの成長は早く、一年経で見違えるように成長しています。あれもこれも購入するなら、次回の撮影代金に回したほうが得策です。

4.写真選定に悩んだときはどちらも選ばない

写真撮影が終わると、店員さんと一緒にパソコンに向き合って残しておきたい写真を決めます。

残した写真から商品を選びます。

その他の写真はどうなるか?一定期間内はデータ保存されて消されます。スタジオマリオの場合は、撮影日から3カ月間はデータで保持されるそうです。アリスは不明です。

「残さないと消される」というのが心理的に負担になって、写真を選びきれず悩んだ商品を両方とも購入するという展開に陥ります。わが家の負けパターンでした。(負けって変な表現ですが…)

幾度となく苦い経験をした僕が言えることは1つです、「悩んだときはどちらも諦めろ」です。

悩む時点で「これだ!」という写真ではないはずです。

提示された中から選ぶという意識ではなく、本当に欲しい商品を決める意識が大切です。

5.空気に飲まれるな!感情に流されるな!

わが家の通うスタジオアリスでは、セット商品を購入するの当たり前のような雰囲気が漂っています。

購入する商品を決めて言ったにも関わらず、危うくセット商品を購入しかけたこともあります。そのときは、暴走する僕を妻が止めてくれました。

店員さんは写真をたくさん売るという使命があります。

そのことを知っているからこそ、衣装替え、化粧、子どもの機嫌取り、撮影まで親身になってサポートしてくれる担当の店員さんには「単体商品のみを希望する」という話を切り出すのがとても辛いです。

でも、心を鬼にしてください。

空気や感情に流されることなく、本当に欲しい写真、商品だけを購入しましょう。

さいごに

子どもが生まれるまではフォトスタジオとは無縁の人生を歩んできました。親からは何度かお願いされましたが、僕自身が写真を撮られるのが嫌いで…

自分が親になってみると、「お前、まじか!?勝手すぎるだろっ」と思うくらいにフォトスタジオ好きになりました。だって、娘がニコニコしてポーズを撮っている姿を見ているだけで幸せなのです。

以前にも記事にしましたが、わが家がフォトスタジオに足を運ぶ理由は撮影体験のためです。娘なんて写真選びせずに撮影体験だけして帰ろうと言い出す始末です(笑)

ちょっと話は逸れてしまいましたが、最後に5つの心構えを再度確認します。

  1. 事前に衣装替えの回数を決めておく
  2. セット商品は選ばない
  3. 購入する商品を決めておく
  4. 写真選定に悩んだときはどちらも選ばない
  5. 空気に飲まれるな!感情に流されるな!

一言で言ってしまえば「絶対に欲しい商品だけを買いましょう」ということです。

おしまい。

-子育て

Copyright© なごみや , 2016 AllRights Reserved.