• 車のエアコンの洗浄
    2017年7月17日 買って良かったモノ
    車のエアコンの臭いをDIY除去!15分でできるエバポレータ洗浄の手順
  • 2017年7月8日 家計管理
    JACCSのReader’s Cardが衰退の一途、乗り換え先として有力なカードは?
  • 2017年6月5日 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • 2017年5月20日 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
  • 2017年4月23日 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
  • 2017年2月20日 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
スポンサーリンク

わが家にIoTアイテムがやってきました!その名も「Amazon Dash Button」です。

「Amazon Dash Button?何だよ、それ?」

ボタンを押すだけでAmazonから商品が届きます。注文にPCやスマホはいりません。リアルにボタン一つで商品が届く時代になりました。Amazonのヘビーユーザーを自負するからには、この新商品は試さずにはいられません。

この記事ではAmazon Dash Buttonの仕組みから設定方法などを紹介します。

Amazon Dash Buttonってどうやって使うの?

ボタンが一つだけ付いたシンプルなアイテムです。大きさはペッドボトルのキャップが2個分くらいです。実物の写真がこちらです。

具体的に「何をするモノなのか?」というと、今回購入したボタンは、強炭酸水として人気の高いウィルキンソンを注文するためのボタンです。

白色のボタンを押すだけで、ウィルキンソンが一箱(24本入り)が自宅に届きます。スマホやパソコンを使わなくてもボタンを押すだけです。

ウィルキンソンを保管しているパントリー内にこのボタンを設置しておけば、ウィルキンソンを取り出す際に在庫を見て「そろそろ注文したら良いかな?」と思ったタイミングで、すぐに注文できます。

すぐに注文しておかないと、子どもに呼ばれたり妻からお願い事されたりするうちに、うっかり注文するのを忘れてしまうことって多いんですよね。だから、このアイテムは単純だけど画期的だと思うわけです。

他には洗濯洗剤のボタンを洗濯機に貼り付けておいても面白いと思います。今はないけど、バスクリンとかもあると良いなぁ。

ちなみにAmazon Dash ButtonはAmazonプライム限定の商品です。

魔法のボタンの仕組みは単純

購入するにあたって気になったのが、ボタンを押しただけで注文できる仕組みです。

「どうやってAmazonに注文するんだろう?Bluetooth経由してスマホから注文とかだったら意味ないな…、やっぱりWi-Fi経由だろうな」とか妄想して楽しみながら、アイテムの到着をまっていました。

Amazon Dash Buttonが到着して説明書を読んだり触ってみたりしながら設定してみました。この魔法のボタンの仕組みは単純でした。やっぱりWi-Fi経由で注文する仕組みになっていました。

説明書によると、ボタンの中に電池(アルカリバッテリー)が搭載されています。電池交換はできないので使い捨てになるため、その際は買い直しが必要です。

電池が切れるまでに1,000回くらい注文できるそうです。100円商品を買うにしても10万円分も注文できます。そう考えると電池の心配よりお財布の心配の方が大事ですかね。

スマホから初期設定

初期設定では、Wi-Fiの設定、注文する商品の登録をスマホ経由でAmazonアプリから行います。何でスマホなのかというとBluetooth経由で設定するからです。

初期設定の流れを簡単に紹介します。

スマホアプリを起動してメニューからアカウントサービス、Dash端末、新しい端末をセットアップの順に選びます。

白いボタン部分を6秒間長押すると、初期設定モードになります。

中央部にあるインジケーターと呼ばれるランプが青色に点灯したら初期設定モードの開始の合図です。

Amazon Dash Buttonは、インジケーターの光の色、点灯、点滅によって、現在の状態を知らせてくれます。在庫切れの場合は白色点滅後、赤色などでお知らせしてくれます。他にもいろいろあります。覚えられるかな…。

設定の続きに戻ります。

次はWi-Fi設定とボタンに紐付けする商品の登録です。ちょっと曲者というか「はっ?」と思ったのは、「Wi-FiのパスワードをAmazonに保存する」という設定です。だって、Amazonのサービスに直接関係のない家庭内のWi-Fiのパスワードを預けるって行為にどこか違和感を感じるからです。

今後、同様のボタンを他にも購入して使うときに、パスワードをAmazonに保存しておけば自動で設定してくれるみたいです。今回と同様に入力したら良いだけなのでチェックを外しました。

セットアップ情報が表示されるので問題なければ、これで設定完了です。

Amazonらしい配慮があります。セットアップ時の価格から10%以上上昇した場合、スマホにプッシュ通知が表示されるようになっています。

実際に注文してみた!

Amazon Dash Buttonを使ってウィルキンソンを実際に注文してみます。とりあえず、白いボタンをポチッと押します。

インジケーターが下の写真のように緑色に点灯すると成功です!ものすごくスピーディーかつめっちゃ簡単に注文ができました。

Amazon Dash Buttonは価格は500円だったのですが、初回の注文時に購入した商品から500円値引きしてくれます。

実質ゼロ円でAmazon Dash Buttonを購入できるので、もし興味のある商品があるなら、最近よく耳にするようになってきた「IoT」を実際に体験してみてはどうでしょうか?

ボタン連打しても大丈夫?

今回、ウィルキンソンをAmazon Dash Buttonで注文しました。Amazonで注文することを「ポチした?」「ポチッた」とか言っていましたが、今回はリアルにポチでした。押した感覚が指に残っています。ますますAmazonの世界にどっぷりな予感。

この押し心地のよいボタン、うちの娘が狙っています。もしかしたら、悪気無くおもちゃと勘違いしてボタン連打されるかも…

すごく心配していたのですが、さすがAmazonでした。同一商品の注文があるとき、再度ボタンが押された場合は注文の重複と判断してスマホに通知でお知らせしてくれます。この時点では注文は完了しません。

本当に重複で注文したい場合は、PCやスマホでAmazonを開いて重複注文を承認すればOKです。これなら娘に連打攻撃を浴びても安心です。

間違ってボタンを押したことに気付かず注文されたらどうなる?

Amazon Dash Buttonは食料パントリー内や洗濯機の上とかに設置していると、どうしても知らず知らずのうちにボタンに手があって知らぬ間に注文ってこもあるかもしれません。

その点はAmazonはしっかり対策を打ってあります。対策というのは、Amazon Dash Buttonで購入した商品は通常商品の返品と違って送料無料で返品できることです。Amazonすごいです。

さいごに

ここまでの話を簡単におさらいすると…

  • ボタンを押すだけで特定商品を注文できる
  • Amazonプライム限定の商品
  • 仕組みはボタンが押されたらWi-Fi経由で注文という単純なもの
  • 初期設定はスマホからBluetoothで
  • 電池交換不可の使い捨て品
  • 商品の補充漏れがなくなる
  • 価格の急変動は通知でお知らせ
  • スピーディかつ簡単に注文できる
  • 子供のイタズラや不慮の事故も考慮されている

ちょっとでも興味を持たれたなら、このボタンは実質無料なので、IoTを実際に体験してみませんか。

おしまい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連キーワード
買って良かったモノ】の関連記事
  • 車のエアコンの洗浄
    車のエアコンの臭いをDIY除去!15分でできるエバポレータ洗浄の手順
  • 車の維持費を節約しよう!10分でできるエアコンフィルター交換手順
  • ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
  • AOセプトクリアケアは目にしみるのは本当だった!間違い防止のための工夫を紹介
  • コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
  • Amazon Dash Button レビュー、重複注文チェック機能および返品無料にAmazonの本気を感じた
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。