明るいダイニング、開放感のあるリビングに憧れて吹き抜けに大きなFIX窓を設置する間取りがあります。誰が見ても華やかで真似したくなる間取りですが、現場のプロである監督はおすすめしないそうです。

スポンサーリンク

大きな窓の天敵「熱割れ」

Netsuware 2

お勧めしない理由は「窓の熱割れ現象」です。熱割れした窓は上の写真のように大きなヒビが入ります。

熱割れの原因

ガラスは直射日光を浴びると温められた部分が膨張します。一方でサッシに埋め込まれたガラス部分は温度の上昇が少ないです。暖かい部分が膨張して、陰の部分は変わりません。反発し合う力の許容範囲を超えた時点で熱割れが発生するのです。

Netsuware 1

熱割れの起きやすい条件

「窓の面積が大きいほど熱割れしやすい」です。窓の面積が大きくなるほど膨張の良も大きくなるためです。開放感を求めて大きな窓にするほどリスクが高まります。

「カーテンやブラインドを閉めていると割れやすい」です。季節問わず昼間の日差しは暑いです。そこでブラインドなどを閉めてしまうとガラスとブラインドの間に熱がこもり膨張を助長するため熱割れが起きやすくなります。

「ガラス面に部分的に日陰が発生すると割れやすい」です。温度が上がらないのはサッシの部分だけではないです。電柱や目の前に大きな建物があって、窓の一部が陰になる場合も熱割れが起きやすくなります。

熱割れの一番起きるのは、意外かも知れませんが「冬の晴れた日の午前中」です。冬とはいえ日光は暖かいですし、冬は気温が低くサッシ付近はかなり温度が低くなるため、温度差が一番大きくなるためです。

保証期間を過ぎれば修理は自己負担

HMや工務店の保証期間内であれば問題はありません。問題なのは保証期間が切れた後です。当たり前ですが修理費は自己負担です。

吹き抜けの窓交換となると足場が必要となります。家づくりの費用で馬鹿にできないのは足場台です。また大きな窓ですから人力での持ち上げはできないため、クレーン車のような重機も必要になるはずです。

そこに窓台と作業費が加算されますので、痛い出費になることは間違いありません。

そういった理由から現場のプロである監督は吹き抜けに大きな窓はお勧めできないそうです。

諭吉のよもやま話

yomoyama.jpg

今回の熱割れ現象のような現場の知識を持たない設計士は少なくありません。もしチャンスがあれば、現場を担当してくれる予定の監督に作成中の間取りを確認してもらった方が良いです。思いがけないアドバイスがあるかも知れません!

スポンサーリンク
おすすめの記事