• Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日

実際に3年間住んでみて感じた「吹き抜けのメリット」をまとめてみました。「吹き抜けのある家」=「お金持ちの家」というイメージがありました。しかし、今回紹介させていただく5つのメリットを見返したところ、吹き抜けこそ「庶民の味方」だと気が付きました。

1.天井高の低くても、開放感が広がる

最近の住宅では、天井高260cmが主流になりつつあります。しかし、我が家は240cmしかありません。

240cmという数値は、和風の家であれば、畳の上での生活になるので決して低くはありません。しかし、フローリングにソファという生活だと、生活空間が底上げさえるため、少なからず圧迫を感じます。

最近、僕の建てたハウスメーカーでは天井高を260cmがオプションとして選べるようになったそうです。オプションなので追加料金が必要です。

一番良いのは260cmにすることです。しかし、予算的に厳しい場合は、家族が一番長く生活する空間、たとえばリビングを吹き抜けにするだけで、家全体に開放感が広がります。

2.隣の家と近接する住宅街でも明るい

吹き抜けの最大メリットは採光です。

吹き抜けのある部屋の明るさは別格です。仕切りの少ない間取りであれば、近接する部屋までもが明るく感じます。

最近は、隣の家と近接する住宅街が多くなってきました。日当たりの良い南側の土地は人気です。分譲地では、多少割高であってもすぐに完売します。なので南側の土地を買えるかどうかは運や予算による部分が多いため、必ず手に入るというわけではないです。

南側に住宅が建っていると暗いのか?

1階の窓からの採光は少なくなるのは間違いないです。南側の家と近接する知人宅の話ですが、寝るとき以外は昼間も照明をつけています。リビングを明るくするために、吹き抜けにすれば良かった漏らしています。

他には、2階リビングという手段もあります。しかし、老後を考えるとメインとなる生活空間は1階のほうが無難です。

3.建築費用を抑えられる

住宅本体(設備は除く)の価格は、施工面積×坪単価で算出されます。その際、吹き抜け部分は、半額として扱うハウスメーカーが多いです。

ツーバーフォー工法の住宅の場合、原則総2階です。そこで、吹き抜けを間取りに上手に組み込むことで、建築費用を抑えられるのです。

ツーバイフォーの住宅はリフォームはできない?
ツーバイフォーの住宅はリフォームはできない?
ツーバイフォー工法(2x4、2x6)の住宅は、地震に強い、火災に強い、気密性が高いなど、様々なメリットがあります。一方で、リフォームが困難という致命的な欠点があります。

4.家族が身近に感じられる

吹き抜けの大きさにもよりますが、大きいほど、1階と2階での閉鎖感がなくなって、家のどこに居ても家族の存在を感じられます。暖かい雰囲気が自然と溢れます。

小さな子どもがいる家庭には特にオススメです。

2階に室内干ししてある洗濯物を取り込むときを想像してください。

そのとき子どもがリビングでテレビを見ていたとしても、吹き抜けから様子が確認できて安心です。子どもからしても親の気配を感じることができるので不安になりません。

5.最高に気持ちの良い昼寝ができる

小学生の頃、合宿で体育館に寝泊まりした経験があります。高い天井を見上げて寝たとき、何とも言えない開放感が心地よかったです。

吹き抜けのある部屋で昼寝すると、当時の記憶が鮮明に蘇ります。開放感抜群で最高に気持ちが良いです。

吹き抜け寝室って聞いたことないけど、マジ寝するときは落ち着かない?昼寝くらいが一番丁度良いかもです。

吹き抜けこそ庶民の味方

我が家に、はじめて訪れるお客様は、吹き抜けの圧倒的な開放感に驚かれます。その後、口をそろえるように「お金持ちの家だ」と言葉にします…

いやいや、ぜんぜんお金持ちではないです。それどころか住宅ローンという大きな借金を抱えています。返済のために汗水垂らして働く毎日を過ごしています。根っからの庶民です。

吹き抜けには予算をカバーする力がある

日当たり良好の土地は手が出ませんでした。それでも運良く南側道路の土地を買えましたが、道路を挟んで反対側の建物が大きくて、決して日当たりは良いとは言えません。しかし吹き抜けのおかげで明るい家になりました。

吹き抜けは上手に付き合えれば、予算不足をカバーする力があるのです。

吹き抜けには生活を豊かにする力がある

天井が高いことに寄る開放感、家族を身近に感じられる安心感、気持ちの良い昼寝ができる爽快感…、それと勘違いでもお金持ちに思われる優越感(;^ω^)

吹き抜けには、たくさんの「プラスの感情」があつまって、我が家は幸福感で溢れています。

吹き抜けには良いこと尽くめ?いえ、デメリットもあります!

庶民にとって良いこと尽くめの吹き抜けですが、もちろんデメリットもあります。

家が寒い?光熱費がかかる?

いえいえ、それは一昔前のデメリットです。近頃の高気密・高断熱住宅は、性能が非常に高くなってきているので、もはやデメリットとは呼べません。

僕が吹き抜けのある家に2年半の間に感じたデメリットは3つです。

  • メンテナンス性
  • 夏の住み心地

別の記事で詳細にまとめてありますので、併せてお読みいただけると幸いです。

「吹き抜けのある家」覚悟すべきデメリットとは?
「吹き抜けのある家」覚悟すべきデメリットとは?
吹き抜けを設置するなら覚悟が必要です。吹き抜けのある家に住み始めて2年半になります。想像していた以上にデメリットは大きかったです。吹き抜けを設置するなら、覚悟しておくべき3つデメリ
スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事
家づくり
土地探しの注意点といえば、日当たり、最寄りの駅や学校、土地の履歴、災害マップなどが思いつきます。それらと同じくらい大事なのが「町内会の存在」...