友人から「引越のお心付けはいくら渡したの?」と聞かれたことがあります。

わが家は引っ越しのお心付けは渡してません。

そもそも「お心付けを渡す」という意識すらありませんでした。

皆さんは、引っ越しのお心付けは準備してますか?

スポンサーリンク

引っ越しのお心付けの金額は?いつ渡すの?

気になったので調べたところ、作業員一人あたり1,000円のポチ袋を渡すのが一般的なようです。

引っ越しの見積もりのときに、当日の作業員の数をざっくり聞いておくと良さそうですね。

たとえば、5人来たら5,000円、8人来たら8,000円…

見積もりのときに相見積もりして、安くしてもらってもお心付けでぶっ飛びますね(^0^;)

お心付けを渡すタイミングは、作業前が一番良いそうです。たしかに先に渡しておくと、作業員とのコミュニケーションが円滑になりそうですね。

お金ではなく飲み物を差し入れました

わが家は現金でのお心付けは渡しませんでしたが、休憩時間にペットボトルの飲み物を一人一人に手渡しで振る舞いました。

休憩時間だったので、作業員さん、一人一人とゆっくりお話ができて和気あいあいとした雰囲気で良かったです。

当日は雪がぱらつく寒い日でしたが、作業してくれている方は燃えているようで、温かい飲み物よりも冷たい炭酸飲料系が人気でした。

大工さんへの差し入れも、冷たい炭酸飲料が喜ばれたのを思い出しました。たしかに体を動かす仕事の合間に、温かい飲み物はあまり飲みたいと思いませんね(^_^;

感謝の気持ちを伝えよう!

お心付けを渡してないの?

人によってはケチに感じるかも知れません。それには僕なりに理由があります。

以前、群馬の伊香保温泉に旅行したときの話です。

温泉と言えば、お風呂、お料理、庭園、仲居さんを頭に浮かびます。仲居さんにお心付けを渡される人は多いのではないでしょうか?

旅館では古くからの慣習もあり、僕もお心付けを渡すようにしてます。

でも、渡したお心付けが精算のときに値引きされたことが何度かありました。直接聞いたわけではありませんが、それは宿泊料金にサービス料が含んでいるという旅館側の意思表示だと思います。

チップの盛んな国ではチップは労働者の給与の一部として扱われているそうです。そのため基本の給与は低く設定してあり成果報酬としてチップがあるそうです。

日本で成果報酬分は、雇い主から給与に含まれた形で支払われるのが一般的です。

引っ越しの話を戻すと、引っ越し料金として支払う金額の中に、お心付けの金額も含まれていると考えるのが自然だと思っています。

そういう考えのもと、引っ越しでは心付けを現金で渡していません。

休憩時間に飲み物を振る舞ったのは報酬ではなく「感謝の気持ち」からなのです。

大切なのは「いくら渡すか?」「何を渡すか?」ではなく感謝の気持ちです。

さいごに

お心付けに関する面白い記事を見つけました。

この記事によると、ケチ度の高い県民は現金より飲食物を振る舞う傾向があるそうです

おいおいおい、うちはケチってことかい!

ちゃんちゃん。

スポンサーリンク
おすすめの記事