相場はありません。

というのも、ネットで調べたところ、ほとんどの自治会では入会金は必要ないからです。ごく一部の自治会で入会金の支払いを求められるようです。運の悪いことに少数派の地域に家を建ててしまったようです。提示されたのは入会金は7万円でした。

スポンサーリンク

自治会の入会金の意味、金額の根拠

家を建てて住宅ローンを抱えて生活を始めようというときに、突然「7万円」なんて言われて困りました。痛い出費です。

こちらの険しい表情を察してか、自治会の役員の一人が入会金の意味を話してくれました。要約すると…

  • 入会することで義務と権利が生まれる
  • 義務とは、役員の持ち回り、ゴミ当番など
  • 権利とは、自治会への発言権、ごみ捨て場の利用権、たけのこ山の入札権
  • 権利を取得するために入会金が必要

「ごみ捨て場の利用権」を人質に取られてしまっては入会せざるを得ません。たけのこ山の入札権?絶対に入札しません…

入会金の根拠は尋ねたところ、しどろもどろ回答ばかりで、よくよく話を聞いてみたところ、分譲地ができるまでの間、10年以上は新しく入ってきた人間がいないそうです。そのため前例も見つからないとのこと。

結局、7万円に根拠はありませんでした。声の大きい人が言い出した金額かもしれまえん。引っ越して早々に自治会とトラブルでも起こして、我が子が地区の行事から仲間はずれにされるのは可哀想なので、最終的には受け入れました。

入会金については必要ない!と言ってくれた役員の方もいたのが、せめてもの救いです

土地探しでは自治会も考慮したい!

土地探しをするときは、自治会の入会金や年会費について事前に不動産会社に確認しておくことをお勧めします。

地域によっては、20万円、50万円といった高額な入会金が必要となることもあるそうです。20万円以上の金額になると、住宅ローンにあらかじめ組み込んでおくべき金額です。

諭吉のよもやま話

Yomoyama

賃貸暮らしから持ち家になって、自治会の活動が生活に加わりました。役員になると毎月のように会議や行事があって休日が削られます。

自治会によっては、「役員を優先して任命する」、「地区の運動会のリレーなど参加者の集まらない競技に半ば無理やりエントリーする」といったところもあります。立場の弱いことを利用して、誰もやりたがらない役目をお願いされるのです。

自治会に加入した時点から他の人と平等であるべきです。

自治会は「助け合いと親睦」のためにあります。

もうひとつ問題があります。田舎の自治会では高齢化が進んでいます。二世帯住宅の息子達世代が自治会に顔を出さないからです。くどいようですが「助け合いと親睦」を目指し地域を活性化させるためには、自治会の若返りも課題なのだと思います。

本来あるべき姿で運営されないのであれば、ごみの当番など必要最低限の活動だけに留めるべきです。

スポンサーリンク
おすすめの記事