• 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日

ハウスメーカーとの打ち合わせも佳境にはいって、おおよその総費用が固まって、いざ住宅ローンを決めようと銀行に行ったときの話です。

当時は、住宅ローンの知識はほぼゼロです。漠然と長期固定で借りたいと思っていたくらいです。とりあえず、銀行に行って相談しながら勉強しようと思っていました。これが大きな間違いでした。

初相談は銀行員に圧倒されっぱなし

僕の住む地域では1番と言われている地銀(A銀行のX支店)に足を運びました。住宅ローンの窓口は、お金の振り込みで利用する窓口とは違って、店舗奥にありました。設置してある椅子もふかふかしていて、どうやら大切なお客さまとして扱われているようでした。

住宅ローンは儲かるんだと、つくづく感じました。

担当者と軽く雑談を交わして、お金を借りるために必要な情報(借入金額、頭金、勤務先やら)を記入して、本題に突入です。

相談とは名ばかりで、変動金利をぐいぐい進められました。担当者も住宅ローンを変動金利で借りているそうで、変動金利をぐいぐい押してきました。

まとまった頭金があったこともあって、表には出ていない金利の提示も可能みたいな話もされ、とりあえず仮審査しましょうみたいな流れに…。

あまりのごり押しに圧倒されて、質問すらできない状態でした。

今思えば担当者との相性が悪かったのかな…

フラット35に詳しくない銀行員

会社を休んでまで相談に来たので、このままでは引き下がれない!となんとか突破口を見つけて、長期固定を希望している話を切り出しました。フラット35について説明が欲しいとお願いしたところ…

「取り扱い実績が少なくて詳しくない」

今の金利はどれくらか尋ねても

「申し訳ございません。把握してません。」

フラット35の取扱銀行なのに、まさかの回答でした。保証料や団体信用生命保険の掛け金に話をしても、のれんに腕押しでした。

少し沈黙状態になったところで、ちょっと時間が欲しいと何やら書類を持ってきたかと思えば、変動金利と固定金利(2.3%)の返済計画表でした。

もう絶句です…

銀行も商売です!

最終的には、同じA銀行のY支店(別支店)でフラット35で借り入れました。支店が変われば別銀行家と思うくらい対応が違いました。

結局のところ、最初に入った支店では、フラット35は取り扱いたくなかったようです。ハウスメーカーの営業さんの話だと、フラット35は手数料収入しかなくて銀行にとっては、うまみの少ない住宅ローンだそうです。

結局のところ、当たり前の話ですが銀行も商売なので、仕方が無いのかなと…

銀行で住宅ローンの相談はしないほうが得策

銀行で相談するのは、契約したい住宅ローンの商品が決まってからです。どの商品にするかの相談でなく、契約の進め方の相談だけです。

知識ゼロの状態で銀行に相談したところで銀行にとって、うまみのある商品を勧めてくるだけです。

例えるなら、AppleストアにPCを買いに行ってもSurface Proは勧めてくれないのと同じです。

それでは住宅ローンを検討は、どのように勧めたら良いのでしょうか?

僕のお勧めする方法は3つあります。

1.ハウスメーカーや工務店の営業に相談

信頼できる営業さんであれば、この方法が一番手っ取り早いです。

今回紹介したA銀行に訪問した経緯や結果を話したところ、住宅ローンの基礎的な話、申し込みから契約までの進め方など、丁寧に教えてくれました。

最終的に契約することになったY支店を紹介してくれたのも、この営業さんでした。

ハウスメーカーや工務店の営業さんは、銀行にも顔が利くので、わが家のように頼れる銀行員を紹介してくれるケースもあります。

くれぶれも「信頼できる営業」がキーポイントですのでご注意ください

HMや工務店の営業を怖いと感じた話
HMや工務店の営業を怖いと感じた話
転職したばかりの状態で、変動金利で限度額ギリギリの住宅ローン。 施主の主導の下、強行で勧めるなら何かあっても自業自得で諦めもつきます。しかし、HMや工務店の営業が勧めているとした

2.書籍やネットから知識を得る

なんだかんだ言っても、自分で勉強するのが1番です。知識ゼロの状態だと住宅ローンの話をされても相づちを打つのが精いっぱいで質問もできません。というよりは疑問すら感じない状態です。

住宅ローンに関する書籍を1冊読めば、相手の話に疑問を感じて質問ができるくらいのレベルにはなれます。疑問が持てるレベルになって初めて検討できる状態になったと言えます。

僕のお勧めの本を紹介します。

変動か固定か、金利タイプを選ぶのに1番影響を受けた本がこちら。

住宅購入全般におけるお金の話がこれ1冊でわかります。2015年に改訂版が出たようで新しくなってます。

3.お金のプロに相談する

家を建て終わってからファイナンシャルプランナーの存在を知りました。特にここ最近、耳にすることが増えてきたと思います。

ファイナンシャルプランナーについてWikipediaからの抜粋です。

顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。 略してFP(エフピー)とも呼ばれる。

一言で表現すると、お金のプロです。

友人や知人にお金の話をするのは気が引けますが、赤の他人でお金のプロになら気軽に相談できます。ハウスメーカーに勤め先や年収、頭金を教えるとの似たような感覚かと思います。

住宅ローンをどこから検討して良いか分からないという方にはお勧めです。特別な資料の作成が必要なければ、相談は無料です。

住宅ローン無料相談

さいごに

最終的には地銀でフラット35を契約しました。理由は僕に万が一のことがあったとき、身近な窓口のある銀行が良いという妻の希望があったからです。

金利差というか、団体信用生命保険を含めた総支払額を考えると、断然ネット銀行がお財布に優しいことは間違いないです。

最近、妻はiPhoneを使いこなせるようになってきて、ネットに対する抵抗がなくなったせいか、「ネット銀行でも良かったかな」とかいう発言に「おいおい、いまさらいうなよぉ」という気持ちでいっぱいです…

ネット銀行に抵抗がなければ、絶対に候補に入れておくことをお勧めします。

おしまい。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事