• 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日

平成25年の国土交通省の住宅市場動向調査結果によると、民間金融機関に住宅ローンを申し込んだ世帯の14.1%が、「融資は一切できない」または「融資条件を厳しくする必要あり」として断られたそうです。

住宅ローンの申し込みにあたって金融機関では「利用者の返済能力」を審査します。審査内容は金融機関によって違い、内容も非公表とされています。しかし、実情はどこも似たような審査内容のようです。代表的な5つの審査ポイントは以下の通りです。

1.クレジットカードやローンの滞納履歴

クレジットカードの使用履歴、マイカーローンの借り入れ履歴などの情報は信用機関に記録されます。記録される情報の中には延滞の記録もあります。それらの情報は信用機関で最長7年間は記録として管理されます。

金融機関では信用機関から信用情報を取り寄せて、延滞記録がないかチェックします。もし記録があったときは最悪の場合、住宅ローンが借りられないこともあります。

2.資金計画と年収

いくらの住宅を建てるのか、それで自己資金はいくらなのか、返済計画に無理はないのかを判断する必要があります。そのために仮審査の申し込みには下記の情報(書類)が必要です。

  • 建築する住宅の情報
  • 頭金
  • 返済計画(仮審査申込書)
  • 源泉徴収票
  • 勤務先

勤務先も重要です。安定した収入が見込めれば、今後、順調に住宅ローンの返済してもらえるからです。公務員は有利となります。

3.勤続年数

短期間で転職を繰り返している場合、審査が難しくなる傾向にあります。金融機関によっては2年以上、3年以上といったように設定されています。フラット35では勤続年数による条件は設けられていません。

4.返済中のローン有無とカードのキャッシング枠

減額承認される原因で一番大きいのは返済中のローン有無です。住宅ローンの審査では初年度の返済比率を重視します。住宅ローンの総額ではありません。

たとえば、Aさんは3,000万円までの住宅ローンを組めたとします。しかしマイカーローンの残額が200万円ありました。その場合、Aさんの組める住宅ローンはいくらになるでしょうか?

2,800万円ではありません!

住宅ローンとマイカーローンを合算した返済比率次第では、大幅な減額も考えられます。返済比率についての詳細はこちらの記事

もうひとつ注意しなければならないのがクレジットカードのキャッシング枠です。

キャッシング枠なんて使っていない!

という方が一番心配です。

キャッシング枠があれば簡単にATMからお金を引き出せます。その性質上、金融機関によっては無条件で借りているものと見なすことがあります。知らないうちにキャッシング枠のついたクレジットカードを複数所持していると、減額承認される、もしくは最悪の場合は審査に通らないこともあります。

不要なクレジットカード、使っていないキャッシング枠は廃止しましょう。

5.健康状態

民間金融機関の住宅ローンは団体信用生命保険の加入が必要です。そのため、生命保険に加入できる健康状態であることが重要です。重い病気にかかっている場合は住宅ローンの審査に通らない場合があります。

諭吉のよもやま話

Yomoyama

政府広報オンラインの「暮らしのお役立ち情報」に住宅ローン審査に関係する情報があります。昨今ではスマートフォンが主流になりつつあります。多機能で便利である一方では価格帯は7〜10万円と高価です。下のグラフを見てもらうと分かるのですが、分割払いで購入する方が年々増加傾向にあります。ここで注目して欲しいのは滞納件数です。分割払いでの契約件数以上に滞納件数が増加しています。


Keitai bunkatu data

引用元:スーモジャーナル

滞納件数増加の理由には「携帯電話の分割払い=ローンという認識がない」「通話料金の延長だと思っている」などが考えられます。結果として信用情報に傷がつき、いざ住宅ローンを組もうと思ったときに「事の重大さ」に気が付くのです。

私が金融機関の立場であれば、月々の決められた支払いを滞納するような「意識の低い人」には、大事なお金を貸したくはないです。

繰り返しになりますが「携帯電話の分割払いはローンと同じ」です。毎月忘れずに支払いを続けていたとしても住宅ローンを審査する際の支払比率に影響を与えることを忘れないでください。

以前記事でも取り上げましたが、住宅ローンの平均自己資金は1,300万円です。

頭金が準備できない場合でも最低限、携帯電話の分割払い、マイカーローンなどの借入金は完済しておきましょう。それが困難であるなら住宅ローンの返済生活はそれ以上に厳しく困難なものになるでしょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事
よもやま話
とれなくなここ最近、子どもが寝静まった後に夫婦でパソコンを並べる機会が増えた。 パソコン音痴の妻は、眉間にしわを寄せ険しい表情でディスプレイ...