• 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日

結論から言うと併用は可能です。

しかし「借りられる」と「妥当なのか」は別問題です。

家づくりの前後は金銭感覚が狂いがちです。どうせならと車の買い換えも検討される方も多いです。その際に注意しておかなければいけないことがあります。

住宅ローンとマイカーローンの併用が思わぬトラブルに発展しないためにも、どのようなデメリットがあるのか、十分に理解しておく必要があります。

住宅ローンの限度額が減る

家づくりの打ち合わせ中の雑談で車の買い換えの話になった途端、HM営業さんから「マイカーローンを組むなら家を建てた後にして欲しい」と忠告された知人を知っています。

理由は住宅ローンの借入限度額が減ってしまうためです。ここまでは私にも推測できました。限度額の算出方法までは知りませんでした。

たとえば、Aさんの年収は650万円です。住宅ローンは年収の6倍までと考えると3,900万円が限度額となります。家づくりを始める直前に250万円のマイカーローンを組みました。そのあめAさんは3,650万円までならローンを組めると思っていました。しかし、銀行で相談したところ2,900万円と提示されてしまいました。この差はいったい何なのでしょうか。

限度額の算出方法が秘密があります。

住宅ローンの限度額は月々の返済比率で決まる

借入限度額が大きく減額された原因は「返済比率」にありました。

住宅ローンだけなら下記の計算式で返済比率は求められます。

返済比率 =(初年度の住宅ローン年間返済額)÷(税込年収)

そこにマイカーローンを加味します。

返済比率 =(初年度の住宅ローンの年間返済額 + 初年度のマイカーローンの年間返済額)÷(税込年収)

式中にある「初年度」という表記がポイントです。マイカーローンは住宅ローンに比べて返済期間がおよそ3年~5年と短く、借入金額も少ないです。しかし、返済比率は初年度の返済計画をもとに算出します。そのため住宅ローンと同じ土俵で扱われてまいます。結果、返済比率が高騰します。

この「返済比率」を理解した上で、ローンの併用を検討擦る必要があります。そうでないと家づくりの土壇場で足下をすくわれかねませんので気を付けましょう。

諭吉のよもやま話

yomoyama

住宅ローンとマイカーローンの併用はお勧めしません。

怪我や病気はさることながら、先行きが不透明な時代では、給与ダウンや突然のリストラなどのリスクにも備える必要があります。最悪の場合、せっかく手に入れたマイホームを手放さなければいない日が来るかもしれません。

住宅ローンの返済は20年から30年の長期間に及びます。一方、車の平均寿命は10年程です。そう考えると住宅ローンの返済期間中に車の買い換えが1度ないし2度は発生します。すでに分かっている事象は最初から計画に折り込んでおくべきです。

月々3万円の積み立てを続けると10年後には360万円になります。一般的なグレードの車になら手が届く金額になります。住宅ローンを借りるからには、しっかりした計画の元で無理のない生活を送りたいものです。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事