• 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日

MacBook Pro Retina 13インチを買うつもりで、家電量販店に勢い勇んで乗り込んだものの、今話題の新しいMacBookに一瞬で心を奪われました…。パソコンに関心の薄い妻も「これ、良いじゃない」と絶賛!

一瞬で心が動かされた「新しいMacBook」

Mb

MacBook Proの購入直前の土壇場で、本命候補に急浮上しました!

Macノートの売り場には、新しいMacBook、MacBook Air13インチ、MacBook Pro 13インチ、MacBook Pro 15インチが並べられていたのですが、新しいMacBookからは異様はオーラーが出てました。

とにかく薄い、シンプル過ぎる外観(ポートが1つせいか)、Retinaディスプレイの美しさ、見た目だけで欲しくなりました。

スペースグレイが落ち着いた感じで凄く良かったです。写真で見るより実物のほうが色が濃くて、印象が大きく変わりました。

手にとってみたところ、見た目以上に軽い!iPad Airにキーボードに薄いキーボードがついている感覚です。

新型キーボードの打ち心地は、硬いです…。慣れるまで少し時間がかかりそうでした。この違和感って大切だと思っています。新商品なのに違和感がないというのは、先代から進化が少ないともとれますし。

感圧式タッチは噂以上に凄かったです。これが擬似的なのかと気持ち悪くなるくらいでした。けど、タップでクリック設定している諭吉にとっては購入後は使うことのない機能です。

唯一の残念な点

MagSafeがなくなったことです。パソコンと電源が、電気ポットみたいに磁石になっているので、接続しやすい&落下防止にもなって好きでした。

本命のMacBook Pro Retina 13インチはどう?

Mbp

イメージしていた以上に小さくて、持ち運びの苦労はなさそうです。厚みも気にならなかったです。

こちらもRetinaディスプレイで画面が美しいです。キーボードは従来型なので、違和感なく打ち込めます。MagSafeは健在です!

本来ならMacBook Air 11インチ(Mid2012)からの買い替えなので、もっと感動があって良いはずなのですが、先に新しいMacBookに触れたため、インパクトが少なかったです。

どの性能を重視するか?それがMac購入の決め手となる!

諭吉が判断する決め手は3つあります。

1.処理性能

両機種ともに価格は同じですが、処理性能は断然MacBook Proに軍配が上がります。

Attention: The internal data of table “1” is corrupted!

Core Mの実力をAir/Pro最新モデルと比較:「新しいMacBook」の気になる性能を確かめてみた (1/2) - ITmedia PC USER

処理性能だけに注目すると、新しいMacBookの価格は割高なんですよね。しかし、ネットサーフィンやブログを書くだけなら、最低限の性能があれば足ります。新しいMacBookの性能で十分なのです

2.持ち運び性能

持ち運びといっても、家の外だけの話ではありません。ふだんは片付けてあって、使うときに収納から取り出してリビングに持ち運ぶのだって、持ち運び性能は大事です。

Attention: The internal data of table “2” is corrupted!

新しいMacBookの魅力は、処理性能よりも持ち運び性能にあります。

3.拡張性能(ポート数)

外付けHDDを差したまま、パソコン本体を充電するには外部ポートが最低2つ必要です。外部端末を同時接続して使う機会が多い方は要チェックな性能です。

パソコンにデジタルカメラの写真を取り込む機会が多い方は、SDカードスロットの有無もチェックしましょう。

Attention: The internal data of table “3” is corrupted!

最近はWi-FiやBluetooth、クラウドストレージが主流になってきたので、ほとんどのノートPCでは、新しいMacBookのように1ポートだけになる日が近いかもしれませんね。

4.ドヤリング性能??

ドヤリングとは、スターバックスでMacBook Airをどや顔でいじる行為。近年では、スターバックス以外の場所であってもドヤリングと呼ぶことがある。

ドヤリングとは - はてなキーワード

Macを持つからには、誰もが一度は体験したい性能??です。

最終的には、MacBook Pro Retina 13インチに決めました!

milkcrown

MacBook Pro Retinaが新しいMacBookに劣る点は、持ち運び性能とドヤリング性能です。

持ち運び性能は、新しいMacBookが断然上なのですが、MacBook Pro単体で考えると悪くないです。MacBook Airと比較しても、わずかな差です。

ドヤリング性能は、諭吉の最強の話し相手である妻に、ドヤリングできれば満足なのでMacBook Proで十分です。

そう考えると、処理性能、拡張性能が圧倒的であるMacBook Pro Retina 13インチが、最も諭吉に合う端末なのです。

「新しいMacBook」の圧倒的な存在感の前に浮気しそうになりましたが、結局は元サヤです。

諭吉のよもやま話

家電量販店のMacコーナーで使用感を実機で確かめていると、すぐに店員が現れました。購入の意思がプンプン漂わせ過ぎたか…。

普段であればじっくりと選ぶために店員は遠ざけるのですが、そのときは新しいMacBookに心を奪われていたときで、少しでも第三者の意見を取り入れたかったので、新しいMacBookとMacBook Pro Retinaとで悩んでいる思いを伝えました。

アドバイスどころか、なぜかノーマルのMacBookPro(Retinaなし、HDD500GB)を勧めてくる展開に…

やんわり断ると、今度はMacBook Airを勧められる始末…

この時点で、私は悟りました。

この店には、新しいMacBookはもちろんのこと、MacBook Pro Retinaの在庫もないことに。

自分の売りたいモノを売る店員、お客さんに話を聞いて合うモノを売る店員、私は後者の店員が好きです。

店頭で購入は諦めて、Appleストアで購入することにしたのですが、次なる問題が…。

そうカスタマイズするかしないか。

あ~悩む。

スポンサーリンク
関連キーワード
Appleの関連記事
  • 育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
  • iPhoneのApple Care をau経由ではなく、あとからAppleに直接申し込んだ理由
  • iPhoneXレビュー 顔認証機能は想像以上に素晴らしかった
  • Amazonと楽天の購入履歴をまとめてチェックできるアプリ「Swingtrack」
おすすめの記事