• Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日

ハウスメーカーの営業にいざ連絡をとりたいと思ったときに、「あれ?前に名刺もらったはずなんだけど…」なんて経験ありませんか。

僕は家づくりの途中に何度かありました。名前すら覚えていないので、電話も掛けづらくて困るんですよね。

仕事なら名刺はすべてデータに起こして整理してます。プライベートだと、すべての名刺を記録するのは面倒なので、ほとんどの業者の名刺は、机の上に無造作に保管していました。それが紛失の原因だったのですが…

そこで今回は、スマホで簡単に使いやすく保管する方法を紹介します。

目指すは、いつでも簡単に見られる状態

家づくりの最中は、営業(業者)の名刺、図面や見積もりといった書類を突然見たくなることがあります。スマホで簡単に見られる状態にしておくと本当に便利です。

スキャナーを持っていればデータにしてスマホに取り込めますが、家づくりのためだけにスキャナーを購入するのはもったいないです。仮にスキャナーを持っていても、いちいちスキャンするのは面倒です。

そこで活躍するのが、iPhoneアプリの「Scannable」です。

Evernote Scannable

無料
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

このアプリは、Evernoteの付属アプリと思われがちですが、名刺の取り込みに関しては単体で使ったほうが素晴らしい動きをしてくれます。

名刺の連絡先登録が超簡単

Scannableを使えば名刺を簡単にスキャンして、あっという間に連絡先に登録できます。スキャンから登録までの流れを簡単に紹介します。

アプリを起動して名刺にカメラを向けると、自動で名刺を探します。

Scannable 01

名刺が見つけると、名刺部分だけを自動で撮影します。

Scannable 02

撮影した名刺から、氏名、電話、携帯番号、FAX、住所、メールアドレスなど、自動で読み取ります。「連絡先を保存」を押すと…

Scannable 03

なんと、iPhoneの連絡先に自動で保存されます。文字の認識率も高いです。

Scannable 04

この「Scannable」ってアプリは使ってみる価値ありです!無料アプリなので、ぜひ実際に触れてみてください。初めての方は驚かれると思います。

Evernoteを使えば文字検索も可能

書類の場合も名刺と同様に余計な部分を取り除いてデータにできます。

iPhoneに写真として保存するか、Evernoteというアプリに保存するかを選択可能できます。

Scannable 05

写真に保存しておくだけでも十分なのですが、Evernoteと連携すると、取り込んだデータ(画像)内を文字で検索ができます。

下の画像がiPhoneのEvernoteアプリから「パナソニック」で検索した結果です。Scannableから登録したパナソニックのはがきが見事に検索結果として表示されました。

Scannable 06

書類の内容まで検索できると、知りたい情報に素早くアクセスできるようになるので、よりストレスなく利用できます。

Evernoteは基本無料なのですが、画像内検索は、有料プランにする必要があります。有料プランなら他に、スマホのアプリのロック機能(個人情報保護)、オフライン機能(ネットがなくてもOKかつ表示が速い)など、便利な機能がたくさんあります。

無料の範囲でも、ウェブページを見たまま保存する機能は使えるので、気になるブログのスクラップも簡単に作成できます。家づくりの情報整理に最適です。

こちらのアプリも基本無料です。

Evernote

無料
(2015.12.28時点)
posted with ポチレバ

さいごに

家づくりが始まると、さまざまな資料が手元に集まります。家の引き渡しが終わって、3年近く経った今でも見返す機会があります。そのため、今、まさに家づくりの途中の方は、不要だと思う書類や名刺であっても、取りあえずスキャンしておいて損はありません。

今回、紹介した方法であれば、ご覧の通りに手間もかからず簡単に保管できます。「Scannable」と「Evernote」は、どちらも無料のアプリなので一度試してもらえればと思います。

おしまい。

スポンサーリンク
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事