• Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日

ネット銀行の住宅ローンの魅力は低い金利です。「低金利」にひかれて検討される方も少なくないはずです。一方でネット銀行になじみのない方や、年配の方にとっては「よくわからない」「得体の知れない」といった印象があります。

その印象は間違いではありません。ネット銀行の特徴をしっかり抑えておかないと、手痛いしっぺ返しを食らうことになりかねません。ある意味、利用者を選ぶ銀行といっても過言ありません。

ネット銀行は、どのような利用者と相性が良いのでしょうか?

ネット銀行の特徴

tokuchou

ネット銀行の住宅ローンの低い金利には理由があります。それは実店舗を持たない、もしくは店舗数を抑えている分、コストを圧縮して低金利の住宅ローンを実現しています。

特徴は金利の安さだけではありません。保証料や繰り上げ返済の手数料といった料金が無料の場合が多いです。またネット銀行ならではの特徴を活かして24時間いつでもどこからでもネットで申し込み可能です。

これらのメリットは実店舗を持たないからこそ実現できることです。しかし、実店舗がないからこそのデメリットもあります。

実店舗がないため、銀行員と顔を合わせることはありません。ちょっと複雑な込み入った話などは顔を合わせての打ち合わせでないと、慣れていない利用者側は不安を感じます。

それならHMの提携しているネット銀行にしたら、営業が進めてくれるのでは?

いえいえ、HMと提携しているネット銀行はほとんどないです。私は聞いたことがありません。

そうなると全ての手続きを自分で行う必要があります。HMの営業は助言はくれるでしょうが、あくまでも手続きを進めるのは自分自身です。調べることが苦手な方、時間に余裕ない方には不向きかもしれません。

保証料無料には理由がある

ネット銀行の住宅ローンには保証料がかかりません。理由は保証会社を使っていないからです。

■ソニー銀行

保証料・団体信用生命保険料がかかりません。
銀行からお借り入れされる場合でも、保証会社が保証するタイプの商品であれば、保証料やそのための保証取り扱い手数料などが設定されています。ソニー銀行ではシンプルな商品をご提供するために、保証会社を使わず、保証料を無料といたしました。

引用元:住宅ローンの特徴|住宅ローン|MONEYKit - ソニー銀行

■住信SBIネット銀行

保証料・保証人
保証会社の保証付ではありません。このため、保証料は必要ありません。
収入合算者は連帯保証人、担保提供者は物上保証人とさせていただきます。
※連帯保証人は同居のご家族に限ります。

引用元:ネット専用住宅ローン

一般的な住宅ローンでは保証会社を使っています。万が一、利用者に支払いの遅延した場合は金融機関は保証会社に支払いを請求します。ネット銀行では保証会社を使わないため自社で対応することになります。

未払い分の回収を自社でするということはコスト増加につながるため、そうならないためにも通常の住宅ローンの審査より、ネット銀行の審査は厳しくなると言われています。

ネット銀行の住宅ローンと相性の良い人は?

hert

ネット銀行の特徴を踏まえた上で、ネット銀行の住宅ローンのメリット、デメリットを列挙しました。

■メリット

  • 金利が安い
  • 保証料、繰越手数料が無料の場合が多い
  • 24時間申し込み可能など時間を選ばない
  • ネットだけで手続きを進められる

■デメリット

  • HMの営業のサポートは最小限
  • すべて自分自身で書類作成(誰もチェックしてくれない)
  • 審査が厳しい、また時間がかかる
  • 個別の対応に融通がききづらい
  • 事務手数料が高い傾向にある
  • ローン特約の対象とならない場合がある

こんな人がネット銀行と相性が良い!

  • 調べ物が得意な人
  • HMや不動産会社に任せるより自分で手続きしたい人
  • 住宅ローンのシミュレーションを自分で客観的にできる人
  • 短い間隔で繰り上げ返済を計画している人
  • 平日は時間に余裕のない人

相性の良い人物像を想像してみると、ネット銀行で住宅ローンを借りる方は、何でも自分でやることのできる人のようです。「自分でやる」という心構えのある人だからこそ、安い金利を勝ち取れるのだと思います。

30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、業界トップクラスの低金利です。あまり知られてないのですが、他銀行に比べると群を抜いて保障が充実しています。 健康に対して少しずつ自信がなくなっ

諭吉のよもやま話

Yomoyama

私の見守る夫婦はネット銀行の住宅ローンに申し込みましたが、最終的には近所にある地銀を選びました。0.2%も金利差があったにも関わらず…

旦那さんはネット銀行に対して一切の抵抗もなく調べ物も苦にしないタイプです。HMの営業からは「大変なので覚悟してください」と念を押されましたが、どこ吹く風で金利の安いネット銀行での手続きを進めてました。

そんなある日…

「あながた死んだときに手続きするのは誰?」

奥さんの心の叫びです。旦那さんは、この一声で目を覚ましました。

万が一の状況に陥ったときは残された奥さんには心の余裕はないはずです。そんなときに不慣れなネット銀行での手続きは困難です。それどころから、ますます心を疲弊させてしまう可能性があります。

ネット銀行で住宅ローンを組むときは、万が一のときには遺されたもの、私の場合は奥さんや子供に負担を掛けることなく手続きしてもらえることも大事なのです。

近所の地銀には金利が高いですが、それなりの魅力がありました。

  • 顔を合わせて話せる
  • 親身になって相談にのってくれる
  • 個別の対応にも多少の融通をきかせてくれる

0.2%の金利差に見合うかどうかは、申し込む人ではなく万が一の場合に遺される人に判断を任せてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事