• Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日

住宅ローンは妻の連帯保証で借り入れました。諭吉の単独ローンです。以前の記事では、連帯保証ではなく連帯債務にしておけば良かったと結論づけました。しかし、ペアローンが一番安全だったのではないかと思うようになりました。

「妻の死」は重い…

冒頭でも話しましたが、住宅ローンは、諭吉の単独での借り入れです。一応、単独でも十分に返済可能な範囲で住宅ローンを計画しています。

しかし、妻の育休が明けて収入が増えました。我が家では諭吉と妻の収入差は、ほとんどないので収入は2倍です。そのため育休中に落としたはずの生活レベルが、自然と元のレベルに戻りつつあります。

また、子どもの成長に合わせて、出費もかさむようになりました。音楽教室に通い始めたことで、お月謝や教材費が必要だったり、自宅で練習するためにピアノを購入したりと出費ばかりです。計画が甘かったのだと思います。

想像もしたくないことですが、今の状況で万が一にでも妻に先立たれてしまうと、家計は火の車です。

住宅ローンの契約者である私は、団体信用生命保険が加入しています。そのため万が一の場合には、住宅ローンがチャラになります。しかし、妻は連帯保証人という立場なので、団体信用生命保険には加入できませんし、一般の生命保険にも加入していないのです。

「妻の死」は「夫の死」より重いのです。

残された夫、遺族年金は期待できるのか?

遺族年金は、遺族基礎年金と遺族厚生年金の二つあります。

2014年の制度改正前は、妻に先立たれた夫には遺族基礎年金は支払われませんでした。改正後は、夫でも18歳未満の子がいる場合は支払い対象となりました。一方で「子がない」場合は妻が死亡した時点で55歳でないと受け取れません。

受け取れるようになったのだから、良いじゃないか?

この改正は遺族基礎年金のみが対象です。遺族厚生年金については、これまでと同様に妻が死亡した時点で55歳でないと受け取れません。

夫に対する遺族年金の支払い制限は、若干は緩和されましたが、まだまだ期待できない状態といえます。

あえて「ペアローン」を選んでリスク対策もあり!

住宅ローンの借り入れを検討していたときは、「ペアローン」なんて手数料が2倍かかるし、それなら連帯債務でいいじゃん!と見向きもしませんでした。

でも今は、リスク対策としてはありだと考えます。

ペアローン,特徴
ペアローンですから、夫が亡くなった場合は夫の持ち分だけチャラになります。妻の持ち分は残ったままとなります。逆に妻が亡くなった場合は妻の持ち分がチャラとなって、夫の持ち分だけの返済だけとなります。

また民間の金融機関なら、団体信用生命保険の掛け金は銀行持ちになります。毎月、毎年、住宅ローンとは別に保険料を支払うのは、当然計画しているとはいえ負担に感じます。

単独ローンにすべきか?ペアローンにすべきか?それとも連帯債務にする?

この問いかけの答えはありません。

あくまでもリスクにどう対策するかの問題です。

残された者のことを考えると、自分が死んだときには住宅ローンをチャラにしてあげたいと思いますが、万が一にでも「自分が子どもと残された」ことを考えると、ペアローンにしておけば良かったかなと思います。

イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
ネット銀行の住宅ローンは金利が安いけど不安。そういった印象を吹き飛ばしてくれるのが、イオン銀行の住宅ローンです。窓口のあるネット銀行なのです!
30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、業界トップクラスの低金利です。あまり知られてないのですが、他銀行に比べると群を抜いて保障が充実しています。 健康に対して少しずつ自信がなくなっ

住宅ローン契約済みなら生命保険で対応

我が家の場合、すでに住宅ローンを契約して返済中です。いまさらペアローンに変更はできません。手数料がばかにならないし、土地や家屋の持ち分の変更は面倒だし費用もかかる。

そうなると、妻に生命保険を掛けるのが一番です。

それで生命保険の資料を取り寄せてみたものの、毎月の支払額ばかりに目がいってしまい、補償内容が頭にはいってこない。保険の専門用語や難しい言い回しの前に戦意喪失です。

中立的な専門家に間に入ってもらいたいと思うようになりました。近々、ファイナンシャルプランナーの方に相談する予定です。

生命保険の比較なら 読売ウィークリーでも紹介された【保険マンモス】へ!

保険マンモスでは、無料相談だけでなく有料相談もあります。有料プランの場合は、実績の高いファイナンシャルプランナーを紹介してもらえるようです。有料といっても何回、何時間、相談しても5400円のみです。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事