学生時代の友人から、奨学金のおかげで住宅ローンに苦労したという話を聞きました。現在は、マンションを購入して家族で仲良く暮らしていますが、絶対に子供には奨学金は借りさせたくないと語っていました。住宅ローンの借り入れの際に苦労したようです。

スポンサーリンク

奨学金の返済中でも住宅ローンは組めるのだが…

「奨学金」というと特別な印象を受けますが「ローン」に変わりないのです。借りるのが、保護者なのか学生なのかの違いで、「教育ローン」と同じ位置づけと言えます。

住宅ローンの借り入れ限度額は月々の返済比率で決まります。このことについては、『住宅ローンとマイカーローンの併用は可能か?』という記事で取り上げましたのでお読みください。

月々の返済比率というのは住宅ローンだけでなく、奨学金の返済額も加味されます。そのため借り入れ限度額が減ってしまうのです。

奨学金の月々の返済額はどれくらい?

日本学生支援機構にて奨学金の返済シミュレーションができます。今回は、2015年4月に大学に入学して、月々8万円を借りた場合の返済額をシミュレーションしてみました。

返済期間16年、月々15,818円となりました。親元を離れて暮らす新卒社会人にとっては大きい金額です。

Shougaku sim

今回のシミュレーションによると、総返済額は約304万円です。住宅ローンで数千万円借りることから比較すると小さな金額です。しかし住宅ローンの借り入れ限度額は総額ではなく月々の返済比率になります。従って総額以上に大きな負担になります。

延滞記録があると審査落ちする

奨学金の返済中でも住宅ローンは組めますが、返済を滞らせてしまい信用情報に延滞記録がある場合は別です。いわゆるブラックリストですので、奨学金の完済日から5年間は記録が残りますので、その間は住宅ローンを借り入れることはできません。

延滞記録はどのタイミングで付けられる?

日本学生支援機構の延滞に関するQAによると、信用情報に延滞記録を登録するのは延滞3か月以上となっているようです。

なお、同意書を提出した場合でも、延滞3か月以上にならない限り情報登録されることはありませんが、振替不能が2回続くと減額返還の適用取消となり、当初定めた割賦金に基づく延滞分が請求されることになりますので、そのようなことにならないよう計画的な返還をお願いします。

諭吉のよもやま話

Yomoyama

奨学金を返済中は、住宅ローンを借りてまで住宅を購入すべきではないという意見があります。現在困っている学生のために一日でも早く奨学金を返済すべきだという重いからだと思います。

私は賛同できません。当初の返済計画通りに延滞なく返済しているのであれば、第三者がとやかく言うべきではありません。

奨学金を借りたくて借りているのではありません。将来のために借りざるを得ないから借りているのです。それなのに奨学金を返済していないなら住宅ローンを借りていけないというのは差別だと思うのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事