ツーバイフォー工法(2x4、2x6)の住宅は、地震に強い、火災に強い、気密性が高いなど、様々なメリットがあります。一方で、リフォームが困難という致命的な欠点があります。

スポンサーリンク

ツーバイフォー工法がリフォームに弱い理由

従来工法とは違い、ツーバイフォー工法は柱ではなく壁で家を支えます。揺れに対して面で支えることになるため力を分散できるのです。

つまりツーバイフォー工法において、壁は命と言って良いくらい重要なのです。そのため、壁をくりぬいてリビングを広くしたいといったリフォームは難しいのです。

では、増築はどうでしょうか?ツーバイフォー工法は複雑な構造計算のもとに設計されています。増築することで既存部分に対して負荷がかかることもあります。やはり増築も一筋縄ではいきません。

設計士と会う機会があり確認したところ、「構造計算しなければ分からない」「制限の中での増築になる」など明るい話は聞けませんでした。ツーバイフォー工法は絶対にリフォームは無理か、という質問に対しては、難しいが決して無理ではないとのことでした。

リフォームはできるが従来工法に比べ割高

リフォームするには構造計算を綿密に行い、既存部分に対して負荷が掛かる場合は耐震補強が必要となります。増築する場所の工事だけでは収まりません。

結果として住宅工法(木造軸組)と比べるとリフォーム費用は割高になってしまいます。

諭吉のよもやま話

Yomoyama

ツーバーフォーのHMといえば、三井ホーム、セキスイハイム、一条工務店などが有名です。ここ最近は増税前の駆け込み需要もあり好調です。リフォームに力を入れていないように見受けられます。

しかし、この状況が10年も20年も続くわけではありません。早ければ10年後には住宅業界は生き残りを賭けてリフォーム主体の事業形態に舵を取っている可能性は高いです。リフォームに弱いうんぬんでツーバーフォーの住宅を見限るのは、早まった判断かもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事