• 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日

「家は3度建てないと満足できない」という言葉があります。実際に家を建てて感じたのは、半分は正解で半分は時代遅れです。というのも、今の時代、ネットに情報があふれています。それらの情報を効率よく収集できれば、100%とは言いませんが、一度目でも満足のできる家が建てられるからです。

そのために大事なことは、自分たちの希望を形することです。ハウスメーカーの選定するにあたっての進め方をまとめました。

「夢の家」を具現化しよう!

まずは頂上を見ましょう!

家づくりのときに、お世話になった営業から言われた言葉です。僕の心に突き刺さりました。今でも忘れられない言葉です。どういうことかというと、お金は気にせずに、家族の希望を詰め込んだ家をイメージする、ということです。

「お金を気にせず」というところが、肝です。

例えば、すべての部屋に床暖房が欲しい!でも床暖房は高い…と勝手に決めつけて、諦めてしまう方もいます(僕の知人です)。しかし、全館床暖房をお手頃価格で実現するメーカーは実在するのです。

できるできないの判断は、メーカーから見積もりをもらってからでも遅くないです。僕たちは素人です。少ない知識で、いろいろ考えても解決しないどころか、間違った判断を下すかもしれません。

まずは、自分たちのやりたいことをメーカーに伝えて、各メーカーでできることを提案してもらいましょう。

「やりたいこと」、言い換えるなら、頭の中にある夢の家を具現化する必要があるのです。

難しく構える必要はありません。マイホームに望む希望を一覧にするだけです。例えば、下のような感じにも構いません。

  • 床暖房が欲しい
  • 子ども部屋は二つ
  • 天井高は270cm以上
  • ダイニングは和風
  • 玄関は吹き抜け
  • 将来リフォームを考えている
  • トイレは各階に設置
  • 脱衣所にクローゼット

などなど、思いつくままアイデアが尽きるまではき出しましょう。この一覧が完成したとき、家づくりの地図となります。

提案は何社からもらえば良いか?、僕は住宅展示場内にある全てのハウスメーカーお勧めします。以前の記事に、全てのハウスメーカーにお願いする理由をまとめてあります。

「実際に住む家族」以外の意見は程ほどに…

少し余談です。家づくりの地図に含めるのは、そこに住む家族の希望だけにしましょう。

わが家の場合、家づくりにかかる費用は夫婦で工面します。両親、義両親からの援助の話はありましたが断りました。お金を出してもらうと、いただいたアドバイスをむげにできません。お金を出す方からしたら、「少しは私たちの要望を盛り込んでよ」となるのも仕方のない話です。

夫婦二人の意見をまとめるだけでも、大変な作業です。そこに第三者が入ってくると、収拾不能になることは目に見えています。先人のアドバイスは大事ですが、アドバイスを採用するかしないかの決断は、当事者が容易にできることが大切です。

アドバイスを無視して、芝生の庭にしたのですが、管理が大変で…、なんて失敗もしましたが、良い経験です(^_^;)

家づくりの地図はチェックリストにも使える!

地図ができあがれば、ここからはメーカーに地図を委ねましょう。メーカーは喜んで夢の家を実現するための方法を提案してくれるはずです。

メーカーから提出された提案で注意すべきは、家づくり地図にはあるのに、提案の中に含まれていない項目です。例えば、地図の中に将来リフォーム希望と書いていたとします。しかし、提案された建築工法がツーバイフォー工法であった場合、リフォームが難しいです。

ツーバイフォーの住宅はリフォームはできない?
ツーバイフォーの住宅はリフォームはできない?
ツーバイフォー工法(2x4、2x6)の住宅は、地震に強い、火災に強い、気密性が高いなど、様々なメリットがあります。一方で、リフォームが困難という致命的な欠点があります。

提案内容の確認では、家づくりの地図をチェックリストとして扱います。提案の内容に過不足がないか、しっかりチェックしましょう。

また、メーカーは、できる項目を全面に押してくるはずです、しかし、そこは一歩引いて、できない項目に重点を置きます。そして、できない理由を確認しましょう。

もし、その項目が絶対に譲れない希望であるなら、その提案を提示したメーカーとは、縁が無かった諦めます。事前に譲れない項目を整理しておくと、スムーズに話が進むと思います。

予算オーバー!どうするの?

「夢の家」に対する提案は、確実に予算をオーバーしているはずです。

一度頂上を見たら、あとは予算に合うように削るだけです。この作業は、自分たちの夢を削る訳ですから、精神的にキツいです。でも、一番大事な作業です。

削った結果も予算オーバーするようなら、そのメーカーとは縁が無かった諦めましょう。もし、予算に見合うメーカーが1社もないなら、削り方が甘いです。涙を拭きながら夢を削りましょう。

予算は大事、背伸びしてはいけない…

家づくりでは、理想と現実を思い知らされることがあります。それは仕方がない話です。予算には限りがあります。

ここでの作業はあくまでも予算に合わせて、要望を削ることです。予算を増額するのは御法度です。無理な計画を立ててしまうと、後々になって大変な思いをすることになります。

予算ありきの「家づくり」をしていますか?住宅ローンの審査落ち、減額承認…無理な計画を立てる前にすること
予算ありきの「家づくり」をしていますか?住宅ローンの審査落ち、減額承認…無理な計画を立てる前にすること
住宅ローンの「審査に落ちた」、「減額承認だった」といった話を聞いて思うことは、予算を決めずに「家づくり」を開始してしまったのかな?ということです。

予算内のメーカーが複数社、どっちを選ぶ?

ここまでの選考で、予算内で納得のできる提案してくれたメーカーが複数残った場合は、評価項目に担当営業をも含めてください。

「建物が良ければ営業なんて関係ない!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。例えば、家電製品を買いに行って、店員に相談したけど、知識が不足している、接客の対応にイラッとする、そんな相手からモノを買いたいと思いますか?

僕には無理です。多少高くても別のお店で買います。

家づくりは買い物とは少し違いますが、営業が家づくりに大きな影響を与えることは変わりないです。

少しの工夫で確率UP!住宅展示場で優秀な営業を引き寄せる方法
少しの工夫で確率UP!住宅展示場で優秀な営業を引き寄せる方法
家づくりにおいて、営業の存在は大きいです。ハウスメーカーと施主の間を取り持ってくれます。極端な話かも知れませんが、施主の唯一の味方とも言えます。そのため「営業の良し悪し」で家づくり

まとめ

今回の話をまとめると…

  1. 家に対する希望を全て洗い出す
  2. 希望が実現できないハウスメーカーを外す
  3. 予算にあうように希望を削る
  4. 決めきれないときは、営業も評価する

おしまい。

スポンサーリンク
関連キーワード
家づくりの関連記事
  • 30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
  • イオン銀行の住宅ローンには窓口あり。業界トップクラスの金利に加え、イオンならでは嬉しい特典満載!
  • 住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,300万円?
  • 貯蓄を残したまま借入利息を相殺できる住宅ローンとは?
おすすめの記事