先日、nanacoカードを作成した友人が「無料じゃないんだね。手数料300円も掛かってびっくりしたよ」と話していました。

nanacoカードは手数料を掛けずに無料で発行する方法があります。実はこのことを知らない人が多いみたいです。ポイントカードってコツコツ貯めて得したいのに、得するためのポイントカードなのに、はっきりいって300円は高いですよね。

この記事ではnanacoカードを無料で作成する方法の解説と、nanacoカードで得するポイント術をを紹介します。

スポンサーリンク

nanacoカードの入会の申込みができる場所

nanacoカードの申込みは、セブンイレブンやイトーヨーカドーでしか作成できない思いがちですが下記の店舗で作成可能です。デニーズなら待ち時間を利用して効率が良さそうですね。

  • セブンイレブン(レジカウンター)
  • イトーヨーカドー(サービスカウンター)
  • 西部・そごう(商品券売り場、食品ギフトサロン)
  • ヨークマート、ヨークベニマル(サービスカウンター)
  • デニーズ(レジカウンター)

なお申込みは店舗によって、レジカウンターだったりサービスカウンターだったりするので気を付けてください。

店頭に行く前に入会申込書は事前にWebで作成してこう!

nanacoの入会申込み書にはパスワードの記入欄があります。その場の思いつきで書いたパスワードは忘れやすいです。時間帯によっては、レジカウンターなどは混雑することもありますので、入会申込み書は事前に作成することをお勧めします。

Webから簡単に作成できます。なので申込み書を店頭に取りに行く必要はありません。nanacoの公式サイトから申込書は簡単に作成できます。

nanacoとは|電子マネー nanaco 【公式サイト】

必要事項を記入すると、最後にPDFで申込書をダウンロードできます。

プリンターをお持ちであれば印刷して店舗に持ち込むだけです。プリンターがない場合は、申込書に記載されているWeb申込書番号を店舗に伝えればOKです。

Nanaco moushikomi no

この事前にWebで申込み書を作成しておく方法だと、店頭でnanacoカードをすぐに受け取れるので一番お勧めの方法です。

nanacoカードを無料で作成する方法

冒頭でも触れましたが、nanacoカードを作成するときは、通常の場合ですと発行手数料として300円必要です。

でもタイミングを見計らって作成するだけでnanacoカードが無料で作成できます。ポイントで300円貯めるのは大変です。それなら少しだけ作るタイミングを待って無料で作った方が得です。

無料で作成する方法は3つ紹介します。

1.イトーヨーカドーの8がつく日は「ハッピーデー」で無料発行

毎月8のつく日(8日・18日・28日)は、イトーヨーカドーでは「ハッピーデー」と呼ばれており、お得な特典が満載の日なのです。有名なのが、CMでおなじみのnanacoを使って買い物すると5%OFFです!

特別なサービスの一つとして、nanacoカードの発行手数料が無料になります。入会時に1000円以上チャージが必要となりますので、覚えておいてください。

2.セブンイレブンの新規入会キャンペーンで無料発行

セブンイレブンでは、nanacoの入会キャンペーンを不定期で開催しています。キャンペーン期間に入会すると、カード発行手数料をポイント付与してくれます。

Nanaco nyukai point

ここから現金チャージ1000円以上チャージすると100円ポイント付与されて、合計で300ポイント付与されるので、実質無料でnanacoカードが発行できます。

3.nanacoモバイルを選んで無料発行

nanacoモバイルへの加入の場合は、カード発行手数料が、いつでも無料です。

nanacoモバイルとは、携帯電話やスマートフォンにお財布機能を使用するタイプのnanacoです。そもそもカードの発行が不要なので、発行手数料が無料ということでしょうかね。

iPhoneユーザーはお財布機能がありませんので、nanacoモバイルは選べません。ちなみに諭吉はiPhoneユーザーなので、ガチョーンです。

nanaco発行のキャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンは下記より参照できます。

キャンペーン|電子マネー nanaco 【公式サイト】

nanacoカードで得するポイント術

nanacoカードのポイント還元率は、基本的には100円に付き1ポイントとなっています。1%還元ですね。たとえばTカードの還元率は0.5%です。Tカードの還元率が低い訳でなくnanacoが高還元率なのです。

そのためnanacoカードを持っているだけで、イトーヨーカドーのハッピーデーで5%OFF、nanacoでの買い物で1%ポイント還元など、お得なことが満載の最強のポイントカードです。

驚く事なかれ、もっと得するポイント術があります。

ここで紹介する方法は、還元率1%+αを稼ぐ方法です。

現金チャージは損!

ところで、nanacoへチャージはどうやってますか?

断言します!「現金チャージの方は、損してます。

それではクレジットカードでチャージされている方にお尋ねします。そのクレジットカードはnanacoへチャージするときにポイントは付与されますか?

実はnanacoカードへのチャージでの付与を制限しているカードが多いです。せっかくクレジットカードを使って、nanacoカードにチャージするならクレジットカードのポイントも漏れなく取得したいところです。

ここで紹介するクレジットカードは、nanacoにチャージする際に1%以上ポイントが還元される高還元率なカードです。nanacoカードのポイント還元の特典に加えて、クレジットカードのポイントも取得できる超お得なポイント術です。

還元率1.2% を誇る最強カード「リクルートカード」

リクルートカードの還元率はなんと1.2%の超高還元率です。クレジットカードのブランドはJCB、VISA、MasterCardのどれでもOKです。

年会費永年無料です。

現在、新規入会の特典として最大6,000円相当のポイントのプレゼントがあります。

■リクルートカードの詳細はこちら■

還元率1.0%+使い勝手No1の楽天カード

悲報

2017年11月で楽天カードJCBがnanacoチャージのポイント付与が終了しました。残念です。

クレジットカードのブランドは必ず「JCB」を選んでください(VISAだとnanacoチャージでポイントがつきません)。

通常時は還元率1%なのですが、楽天市場での買い物なら還元率は2%、楽天でキャンペーンなどが開催されていると還元率が10%以上になることもあります。日頃から楽天をよく利用されている方には、特に勧めのカードです。

■楽天カードの詳細はこちら■

クレジットカード嫌い方は、還元率1.0%の楽天デビットカード

悲報

2016年10月で楽天銀行デビットカードはnanacoチャージのポイント対象外となりました…

クレジットカードでの買い物は、「金銭感覚が狂ってしまう」「一時的とはいえ借金なので嫌」という方も多いはずです。

クレジットカード嫌いの方には、還元率1.0%の楽天デビットカードをお勧めいたします。デビットカードなので、買い物すると銀行口座から即時引き落とされます。詳しくは下の記事をご覧ください。

楽天デビットカードは、楽天銀行の口座開設と同時に申込みができます。

サブカードという考え方

サブカードとして、リクルートカードを持っています。nanacoカードを使って、自動車税や住民税などの税金を節約するために作成しました。

ひと手間かけるだけで、税金や公共料金の支払いを節約できるのです。

この方法は有名です。使わないと損だと言っても過言でないです。

スポンサーリンク
おすすめの記事