• Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日

娘の足には蚊に刺された痕が10箇所以上あります。自宅の庭で遊ぶときは虫除けスプレーを付けるので刺されないのですが、保育園で刺されまくりの毎日です。保育園に登園前に虫除けスプレーを…っと思ったら、ふと視界に「使用制限」の文字が入りました。

知られざる?虫除けスプレーの使用制限

外で遊ぶときには欠かさず虫除けスプレーを付けています。まさか子どもが1日に使用する回数に制限があるとは思ってもいませんでした。

虫除けスプレー 使用制限

※小児(12歳未満)に使用させる場合、保護者等の監視の下、以下の回数を目安に使用すること。顔には使用しないこと。

*生後6ヵ月未満:使用しない。

*6ヵ月-2歳未満:1日1回以内。

*2歳-12歳未満:1日3回以内。

うちの娘は4歳です。

週末は外で遊ぶときは必ず使っていたので、使用制限より多い日もあったかも。

虫除けスプレーの使用制限は、ディートという成分が原因

虫除けスプレーの主成分はディートです。このディートという成分を蚊が嫌います。

ところでディートって何?

ジョンソン株式会社のサイトによると…

ディートは、 1940年代、アメリカ陸軍が戦地の虫よけ対策のために数々の実験を繰り返した薬剤の中で、効果が高く、しかも皮膚に対する刺激性や安全性がもっとも優れているものとして採用され、今日、虫よけ剤の成分として世界中で広く使われているものです。

スキンガード よくあるご質問:お客さま相談窓口|ジョンソン株式会社

ディートの副作用とは?

ネットで調べてみたところ、怖い情報がありました。カナダでは規制対象となっているようです。

妊娠期間を通じてマラリア予防薬クロロキンの予防的使用の他に、ディートを毎日使っていた母親から、精神遅滞、感覚運動協調障害、頭顔面奇形が生まれた例が報告されている。[19]

www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/archiv/pesticide/repellent/deet.htm

この情報は「ディート 副作用」で検索した結果の一部です。こういう情報をみると、ディートは毒物のような印象を受けてしまいます。

しかし、ネガティブな言葉で検索すれば、極端にネガティブな情報が集まるのは仕方がないことです。

虫除けスプレーの効果と副作用を天秤にかける

そもそも薬には、必ず副作用があります。

薬局で処方箋の薬を買うと、薬と一緒に説明書がもらえます。その説明書には、効果と「副作用」が記載されているはずです。薬には多かれ少なかれ副作用があるのです。

それで、薬による効果と副作用を天秤にかけた結果、効果のほうが大きいと判断できれば使えば良いのです。虫除けスプレーの主成分のディートに関しても、まずは効果と副作用を比較する必要があります。

とはいえ、素人には比較する知識がありません。そういうときに役に立つのが国が公開している資料になります。ディートに関しては厚生労働省に『ディート(忌避剤)の安全性について』という資料がありました。

その資料の2ページに下記の文章があります。

我が国において多くの人が 40 年以上使用してきているにかかわらず、薬事法に基づ く副作用報告はないこと、米国、カナダ、英国などにおいて、販売停止等の措置を講 じている国はないことなどから、販売停止等の措置を講ずるだけの科学的根拠はない と考えられる

「薬事法に基づく副作用」というのがどういうものか分かりませんが、副作用の報告はないそうです。

23ページに「ディートを含有する医薬品及び医薬部外品における副作用等の報告状況」という表があり、一般用医薬品として副作用の症状と発生件数が、過去5年分についてまとめられています。

過去5年で28件発生しているようですが、薬事法に基づかない副作用?なのでしょうか。私には関係性がわかりませんが、副作用の症状を見る限りでは、大きな副作用はないようです。

今後も虫除けスプレーを使用するかどうか。

厚生労働省の資料をもとに考えた結果、今後も虫除けスプレーを使用します。

これは諭吉家の方針であって、最終的に使用するかどうかを判断するのは、あなた自身です。

売れ筋の虫除けスプレーのディート配合率比較

ディートの配合率が大きいと虫除け効果も大きくなります。一方で副作用の危険性もあがります。そう考えると、配合率が極力抑えた虫除けスプレーを使いたいところです。(ディートなしの製品もありますが効果に疑問を感じるのでスルーです)

Attention: The internal data of table “7” is corrupted!

表は売れ筋順に並べてあります。日経POS(販売時点情報管理)の7月19日までの4週間の売れ筋ランキングより。

我が家のお気に入りは、売れ筋No1のスキンベープミストのキティーバージョンです。

ディートの配合率を考えて、今後は売れ筋No4のサラテクトウォータミストを試す予定です。

さてさて、効果のほどは?

劇的に違いがない限りは変更します。

諭吉のよもやま話

虫除けスプレーは、飛行機に持ち込めないみたいな話を聞いたことがあります。実際にはどうなのでしょうか?

『成田国際空港セキュリティーガイド』によると、預け入れ荷物にいれておけば、持ち込みは可能でした。

そうそう、イタリアの蚊は強烈でした。日本の蚊に刺された以上に腫れ上がりました。海外旅行の際には、虫除けスプレーは必需品かもしれませんね。

スポンサーリンク
関連キーワード
子育ての関連記事
  • 育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
  • 「本を読む時間は作れてますか?」子育てパパのKindleを使った読書方法
  • スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた理由
  • 子供の歯磨き嫌いに困った!保健師さんから聞いた歯磨きのコツ
おすすめの記事
よもやま話
とれなくなここ最近、子どもが寝静まった後に夫婦でパソコンを並べる機会が増えた。 パソコン音痴の妻は、眉間にしわを寄せ険しい表情でディスプレイ...