• 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日

うちには4歳の娘がいます。2歳半に頃から料理のお手伝いをしてくれます。どこまでお願いしても良いものか?と悩んでいた時期がありました。わが家の出した結論は、娘がやりたいと言った作業は、原則すべて手伝ってもらうです。

4歳児のお料理は危険がいっぱい

これまでにお手伝いしてもらったのは、粉を混ぜる、ご飯を盛る、野菜を切る、フライパンで焼く、鍋に野菜を入れるといった作業です。

妻がいつも隣でサポートしながら、お手伝いしてもらっていますが、それでも油断はできません。危険がいっぱいです。

実は、全治二週間のやけどを負ったことがあります…

親がしっかりと見ていても、子どもは想像をはるかに超える行動を取ります。

3歳になる2カ月前くらい、ウィンナーを小さな卵焼き用のフライパンで焼いてもらっていました。小さなフライパンとはいえ、3歳の女の子にとっては重いです。フライパンを持ち上げたり、動かしたりするのも大変そうでした。

柄の手元に近い部分を持てば軽くなるのを肌で感じたのか、娘の手は徐々に根元付近に移動していました。しかし、当時はその動作を気付いてあげられませんでした。

気付いたときには、娘の手は柄のプラスチック部分を超えて、鉄の部分をギュッと握ってしまったのでした。

もちろん、手のひらを大やけどです。あまりの痛さに驚いたのか泣きませんでした。親にしてみれば泣かない方が怖いです。

病院に急いで駆け込みました。診断の結果は、全治二週間。後から知ったのですが、駆け込んだ皮膚科の先生は、やけど治療が得意だそうで、やけどの痕が残らずキレイに治りました。本当に不幸中の幸いでした。

子どもは集中すると周りが見えなくなる

フライパンは熱い、鉄の部分は熱い、というのは、娘はしっかり理解していました。しかし、ウィンナーを焼くのに夢中になって忘れてしまったようです。

子どもの集中力はすごいです。いったん集中してしまうと、他のモノが目に入らなくなります。そのときが1番危険です。

身を持って怖さを体験したこともあって、今では熱いモノに対する警戒心は高くなったようです。

ちなみに、やけどしたときに使っていたフライパンは、妻も娘も使いたがらず、パントリーに眠っています。

そろそろ、子ども包丁にデビューしたい!

野菜はステーキ用のナイフで切ってもらっています。昔からお料理を手伝うのが好きだったので、野菜を切るのは手慣れたものです。そろそろ、子ども包丁のデビューを考えています。

第1候補は、切れ味満点の本格派です。

コメント欄を見ていると、早いご家庭では3歳から持たせているといった書き込みも。将来有望そう。切れ味も良いらしく(子どもに持たせるには微妙か?)、レビュー評価が高いです。

第2候補は、プラスチック製の包丁の形をしたナイフです。

この商品は、NHKおはよう日本「まちかど情報局」で紹介されたそうです。ぱっと見ではおもちゃにしか見えないのですが、りんごやきゅうりも切れるそうです。それなのに、刃先を握っても手が切れないというのが特徴です。

対極に位置する子ども包丁なのですが、悩んでます。夫婦で話し合って今晩中には結論を出すつもりです。

一緒に料理するのは大変、時間と根気が必要

娘のお料理歴も1年半くらいなったと思います。今では野菜を切ったり、フライパンで炒めたり卵を割ったりすることが、できるようになりました。

妻が娘と料理している光景を何度も見てきました。娘が新しいことに始めたときでも、駄目とは言わず、娘のそばでじっと見守っています。夫婦で決めたこととはいえ、妻の辛抱強さには頭が下がる思いです。

それに引き替え、僕は「それ駄目だよ、こうするんだよ」と娘が手伝っている最中に、口を出してしまうことがあります。もっとドシッ構えて見守ってあげれば良いのに、子ども相手に完璧を求めて、どうするんだよって反省することが多いです。

料理に限らず、子どもにモノを教える、育てるというのは時間と根気が必要です。じっと辛抱するのは単純なようでが、実は大変なことです。

だから、ちょっとの成長でも気付くと、温かな幸せな気分になれるのだと思います。

先日、娘からうれしいこと言われました。記念にメモっておきます。

「〇〇(娘の名前)ね、大きくなったら、パパのご飯を作ってあげるね。」

成長が楽しみです。

おしまい。

スポンサーリンク
関連キーワード
子育ての関連記事
  • 育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
  • 「本を読む時間は作れてますか?」子育てパパのKindleを使った読書方法
  • スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた理由
  • 子供の歯磨き嫌いに困った!保健師さんから聞いた歯磨きのコツ
おすすめの記事