• 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 家計管理
    JACCSのReader’s Cardが衰退の一途、乗り換え先として有力なカードは?
    2017年7月8日
  • 車のエアコンの洗浄 買って良かったモノ
    車のエアコンの臭いをDIY除去!15分でできるエバポレータ洗浄の手順
    2017年7月17日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年6月5日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日

ブルーレイレコーダーを7年ぶりに買い替えました。いろいろ悩んだ末に、ソニーのBDZ-ET1200を購入しました。故障による買い替えで検討時間が短かったのですが、満足のできる買い物になりました。

スポンサーリンク

ブルーレイレコーダー選定の条件

まずは機種の選定にあたって、「なければ困る」「あると便利かも」という機能を挙げました。

【困る1】トリプルチューナー

ドラマ大好き家族です。新番組はとりあえず録画します。1、2話視聴してから、今後の視聴を続けるか家族会議で決めてます。

ここ数年、初回を15分拡大で放送するドラマが多いです。そのためダブルチューナーだと、拡大時間があると次の時間帯に食い込んでしまうので、次の時間では一つの番組しか録画できないのです。

初回を見逃したドラマなんて、くやしくて2話以降見られません。

余談ですが映画を見逃したときは、AmazonプライムビデオHuluで見られることが多いのでお勧めです。

【困る2】CM送り

録画した番組を見ているときは、CMの時間がもったいなく感じます。故障した機種にも「CM送り」があったので、絶対にないと困ります。

家電量販店の店員の話では「CM送り」という言葉は禁句だそうです。

その言葉を使って売ろうとすると、テレビでCMの放映ができなくなるからです。たしかにテレビ局はCMで儲けているので仕方がないですね。

カタログには「自動チャプター」という機能となっています。

【困る3】操作画面のレスポンス

故障した機種の操作画面がとにかく遅かったです。番組表から予約して、番組表に戻るまで30秒以上かかります。電源ONから録画一覧を表示するまでに3分くらいかかってます。

ちょっとした時間なのですが、積み重なると煩わしいです。ストレス解消のためにドラマを見るのに、たかだか画面操作でストレスを溜めたくないです。

【便利1】外付けハードディスク

故障した機種は500GBでした。普通に使う分には十分なサイズです。

しかし、娘の成長とともにハードディスクがアニメと教育テレビに占領され、ここ最近はハードディスクの残量との戦いでした。

外付けハードディスクを使えると、ハードディスクの残量に神経を尖らせる必要がなくなります。

【便利2】外出先からの予約

外出先で面白そうな特番の放映を知って、残念な思いをしたことがあります。そんなときに、スマホから手軽に録画できたら嬉しいです。

【便利3】全自動録画

レグザに憧れがありました。2週間分全チャンネル録画って凄いです。録画忘れとは無縁の生活になります。車のバックモニターと同じで、一度経験してしまうと手放せなくなりそうです。

全自動録画はクレームが多い?

家電量販店の店員によると、全自動録画に対応した機種はクレームが多いそうです。特にレグザのダントツ。買うならパナソニックのDIGAを勧めるとのことでした。

全自動録画はハードディスクは24時間動作しています。稼働時間が普通のブルーレイレコーダーとは比べものにならないくらい長いです。故障率が同じでも稼働時間が違いすぎるので故障するのが早いのかもしれませんね。

他には電気代が気になります。ネットの情報では電気代は毎月1000円以上は増加するそうです。

全自動録画は時期尚早と判断して、今回は見送りました。

最終候補にあがったのは…

パナソニックのDIGA BRZ1000、ソニーのBDZ-ET1200です。

家電量販店に行くまでは、パナソニックが優勢でした。

故障したブルーレイレコーダーは、DIGA BW830でした。そのため新しいDIGAに買い替えても、使い慣れた操作画面なので、多少違っていても感覚で使えると思っていたからです。

でも、最終的に購入したのはソニーでした。

ソニーのBDZ-ET1200に決めた理由

パナソニック(DIGA BRZ1000)から一転して、ソニー(BDZ-ET1200~に決めた理由は2つです。

1.操作画面のサクサク感

いろいろなメーカーの操作画面を試してみましたが一番軽快でした。本当にサクサク動作しました。故障した機種とは比べものにならなかったです。

操作画面にはプレイステーションでもお馴染みのクロスメディアバーが使われています。長い歴史があるだけあって、直感で操作しやすいです。これなら家族も使い方に慣れるのに時間は掛からないはずです。

2.チャプター編集

チャプター編集機能が購入を決定づけました。この機能を使えば、楽々CMカットできます。

Et1200 chapedit

自動でチャプターが付けられているので、編集画面でCMだったら削除マークを付けて、最後にまとめて削除するだけです。本当に簡単です。

娘のアニメを録画できたら速攻でCMカットしてます。ハードディスク容量と娘のテレビ時間の節約に貢献すること間違いなしです!

家電量販店の店員さんの話では、この機能はソニー独自のもので他のメーカーでは、ここまで簡単には実現できていないそうです。

操作性では、ソニーが頭一つ分抜けた感じがしました。

他にも便利な機能が盛り沢山です!

使い始めて2日目です。すでに、久しぶりに良い買い物ができたと満足しています。

他にも便利で素晴らしい機能が沢山ありますので、しばらく使ってみてから記事にする予定です。

BRZ-ET1200の購入価格ですが、ケーズデンキで税込6万円ジャストでした。ケーズデンキの安心会員なので、標準で5年保証込みです。

おしまい。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 毎月新作映画を楽しみたい人におすすめの動画サービス「U-NEXT」
  • ブルーライト対策にPC眼鏡は効果あるの?【使用感レビュー】
  • 子育て世代に魅力がいっぱい!Amazon Fire TVでテレビが生まれ変わる
  • セブンイレブンのドーナツに衝撃!ミスタードーナツの終焉は近い?
  • ブルーレイレコーダーの買い替え!おすすめはソニーのBRZ-ET1200だ!
  • 運動会の望遠レンズの決め手は「手ぶれ補正力」、ビタッと止まるレンズはこれだ!
おすすめの記事