• Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日

3歳の歯科検診で反対咬合と指摘されました。保育園の連絡帳には、「かかりつけ医に相談してください」とのメッセージ。この時点では反対咬合って何?という状態でした。

反対咬合とは?

「はんたいこうごう」と呼びます。呼び方は難しいですが、いわゆる受け口というやつです。

そういえば、うちの爺が生まれて数か月くらいで、「〇〇(子どもの名前)は、受け口じゃないか?」と指摘していた。当時は、我が子の可愛さから、大丈夫、大丈夫と気にも留めませんでした。

それから数年後、歯科検診で指摘されたのでした。

ネットで調べたところ、2歳で反対咬合だった子の50%は自然治癒するみたいですが、3歳で反対咬合だと治癒率は6%程度らしいです。

矯正治療が必要となる可能性が高そうです。

妻は、中学生の頃に矯正治療(反対咬合ではない)していた経験があるだけに、診断結果に対してのショックが大きかったようです。

矯正を締めた日は、歯が痛くて食事はおろか寝るのも辛かったそうです。

3歳から始められる矯正、「ムーシールド」

その後もネットで調査を続けていると、3歳から始められる矯正があることが分かりました。

「ムーシールド」という矯正器具で、見た目はマウスピースみたいです。寝るときのみ装着するだけなので、小さな子どもでもできそうな気がします。

ムーシールドとは - 矯正歯科ネット治療説明

3か月~8か月で、効果が分かるようになるそうです。なるほど、少し希望があるかも。けど、問題はどこの歯医者にいくか。

評判の良い矯正歯科の探し方は?

妻が昔通っていた矯正歯科は、小児の取り扱いはなく、先生も代替わりして良い評判も悪い評判も聞こえてきません。さて、どうしたものか?

そうなると、今、矯正歯科に通っている方に話を聞くのが一番です。

お隣さんは3人兄弟で、3人とも矯正治療中です。

相談してみたところ、親身になって、矯正についての情報を教えてくれました。

今通っているところは、矯正歯科では、名のある先生が、週に1回のペースで出張してくるそうです。それまでに複数の歯医者を渡り歩いて、やっと巡り会えたと話してました。

以前通っていた歯医者では、反対咬合の治療しているにも関わらず、余計に顎が出てきてしまったそうです。

歯並びが悪くて嫌な思いをするのは子どもです。親としては、多少の費用や時間がかかってもキレイに治してあげたいです。

早速、予約の電話をしたところ2週間待ちでした。

歯医者さんの判断は「様子見」

2週間後。

診断の結果、やっぱり反対咬合。幸いにも症状は軽度でした。

永久歯の生え替わりで治る可能性が高いため、しばらくは様子を見ましょうとのことです。

脳裏に「自然治癒の確率は6%」という情報がよぎりましたが、先生の診断を信じて、子どもの成長を見守ることに決めました。

そもそも、マウスピースを装着して寝るような、大人しい娘ではありませんし…

将来、矯正が必要になったらなったで、その時は親子で覚悟を決めて治療したいです!

咬み合わせの調整は「歯ぎしり」で?

夜寝ているときに、娘の歯ぎしりが凄かったので、ついでに相談しました。

3歳くらいから10歳頃になるまで、歯ぎしりするのは自然のことだそうです。体の成長に合わせて顎も成長します。その成長を歯ぎしりで調整するみたいです。

気にする必要はないし、むしろ良いことだそうです。

それまでは、歯が折れる?みたいに心配していたのですが、相談後は、反対咬合が少しでも良くなればと、祈りながら歯ぎしりを聞いています(^_^;)

そうそう、このときは歯磨きが良くできていると褒められたのですが、それから半年後に、虫歯が見つかりました…

白い虫歯…歯科医に聞いた3〜4歳児の仕上げ磨き
白い虫歯…歯科医に聞いた3〜4歳児の仕上げ磨き
前歯の隙間に白いカスが詰まっている? 歯磨きは朝晩欠かすことなく親子で頑張っていたので、まさか虫歯だとは夢にも思いませんでした。しかし3歳児歯科検診では「虫歯です」と宣告されまし

諭吉のよもやま話

諭吉の弟は、小学生から中学生まで矯正してました。なので、矯正というと銀色の金具のイメージが強かったです。

しかし、近頃は、軽度の症状であれば、透明の器具を歯の裏側に装着するそうです。矯正していると言われなければ、全然気が付きません。

今の家に2年前くらいに引っ越してきましたが、お隣の3兄弟の末っ子が、矯正していたのを知ったのは1年が過ぎてからでした。

矯正も進化しています。

スポンサーリンク
関連キーワード
子育ての関連記事
  • 育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
  • 「本を読む時間は作れてますか?」子育てパパのKindleを使った読書方法
  • スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた理由
  • 子供の歯磨き嫌いに困った!保健師さんから聞いた歯磨きのコツ
おすすめの記事
家づくり
転職したばかりの状態で、変動金利で限度額ギリギリの住宅ローン。 施主の主導の下、強行で勧めるなら何かあっても自業自得で諦めもつきます。しかし...