• 子育て
    Amazonプライムビデオで、5歳の娘と親子で楽しんでいる映画&アニメ 6作品
    2017年4月23日
  • 買って良かったモノ
    ドラマ好きならhuluで決まり!レンタルよりも便利な動画サービス
    2017年5月20日
  • 家づくり
    30代後半からの住宅ローンは、充実した保障を標準装備した「住信SBIネット銀行」がおすすめ
    2017年10月23日
  • Diverのレビュー Wordpressテーマ Diver特集
    こんな人にオススメ!WordPress 有料テーマ「Diver」と相性が良い人の紹介
    2017年8月27日
  • 買って良かったモノ
    コンタクトレンズのこすり洗いが面倒なあなたへおすすめの洗浄液
    2017年2月20日
  • Apple
    育児日記は写真とひと言メモがあれば大丈夫!育児日記アプリ「Famm」がオススメ
    2017年10月15日

わが家では、アマゾン中心のネットショッピングとなっています。昨年(2015年)、Amazonで購入した金額総計は36万円(3万円/月)でした。

生活雑貨全般をAmazonで購入するようにしたので、ある程度の金額は覚悟してはいたのですが、想像以上の金額におったまげました。そういえば、半年くらい前から、時間指定しなくても帰宅時間を狙ってきてくれます。配達のお兄さんとは週1以上で顔を合わせてるような…

Amazon購入履歴をのぞいてみると…

良い具合に無駄遣いしているんですよ。ダンボーの人形なんて何に使うつもりだったんだ。

便利だが衝動買いの落とし穴がいっぱい

  • 品ぞろえ豊富
  • ディスカウント価格
  • 送料無料
  • 翌日配送
  • ワンクリック購入

などなど、ネットショッピングの環境は年々充実してきています。それに合わせるかのように、ネットションピングを利用する世帯も徐々に増加してます。下のグラフは総務省の「家計のネットショッピングの実態把握」の資料からの抜粋です。

Netshopping graph

一昔前はインターネットといえば怖いイメージがありました。しかし、スマホの普及と供に身近な存在になりつつあります。わが家の爺婆なんて60超えてからネットショッピングを始めましたもん。

PCやスマホがあれば、「いつでも」「どこでも」「お値打ち価格」で、当日、もしくは翌日には届くわけですから、この便利さは一度体験すると手放せません。

その「便利さ」が時として衝動買いになります。結果、余計なモノまで購入する機会が増えて、お金の無駄遣いになってしまいます。

わが家は、節約しているつもりが、いつまにか無駄遣いの温床になっていたようです。

末期症状かもしれません。

衝動買いを抑えて無駄遣いを減らすには?

衝動買いしてしまう理由は、何と言っても「安いから」「お得だから」です。Amazonタイムセールや楽天マラソンで、まんまと「わな」にはまって、自分一人でヒートアップして余計なモノまで買ってしまうことが多いです。

他には偶然目にとまった商品のレビュー評価がやたら高いときです。買わないと損するみたいな気持ちになります。

冷静になって振り返ってみると、僕は良いお客さまですね。はい、良いカモです…

衝動買いを抑える方法は、時間をおいて頭を冷やすことです。

Amazon ダンボー 冷やす

(せっかく買ったので使ってみました)

誰もが知っている方法ですが、一番効果があります。

30分でも良いのでワンクッションおくだけで、冷静な判断ができます。

ここからは、衝動買いによる無駄遣いを減らすための、具体的な方法を3つ紹介します。

1.買ったつもりリストを活用する

Katta list

Amazonにある「欲しいものリスト」という機能を使って、購入までにワンクッションおきます。

  1. 欲しいものリストに「買ったつもりリスト」「いつか買うリスト」を作成します。
  2. 欲しいと思った商品が見つかったら、いったん「買ったつもりリスト」に登録して、買ったつもりになります。
  3. それで翌朝、買ったつもりリストを見直します。見直しの最中に、少しでも「うん?これどうしよう?」と思った商品は、リストから削除します。この時点ではまだ残った商品は購入しません。
  4. お昼休みにリストに残った商品を再確認した後、注文します。このときに少しでも心に引っかかりを感じたなら、その商品は「いつか買うリスト」に移動します。

※「いつか買うリスト」は、セールのときに利用します。詳しくは次項。

2.セールで買うものは事前に決めておく

セールと言えば、Amazonタイムセール、Kindleセール、楽天マラソンなどが有名です。安いから、ポイントが付くからと、必要性の高くないものまで購入してしまうことも多いです。

このときに役立つのが「いつか買うリスト」です。セールで購入を検討するのは「いつか買うリスト」に登録されたものだけとします。

  1. セールが始まったら「いつか買うリスト」を確認する。
  2. セール対象商品だったら注文します。このとき少しでもためらうなら不要なものだと言えます。その商品はリストから削除します。

3.定期おトク便を利用

ミネラルウオーター、食洗機の洗剤、ヘアワックスといった常備品は、「買ったつもりリスト」なんて使うのは煩わしいので、Amazonの定期おトク便を利用します。

定期おトク便に商品を3点以上登録すると、15%の割引が受けられるので節約にもつながります。

Amazon定期おトク便の詳細

目標は前年比20%減!

2016年は、この記事で紹介した方法で運用します。

家計簿でAmazonの購入履歴を眺めていると、冒頭のダンボのおもちゃみたいに、今どこに置いてあるんだろうといった商品が混ざってました。その辺りの商品の金額+αを目安に、今年の目標を前年の購入金額の20%減とします。年間28.8万円(2.4万円/月)です。

6月、12月に運用状況の報告ができればと思います。

おしまい。

スポンサーリンク
家計管理の関連記事
  • JACCSのReader’s Cardが衰退の一途、乗り換え先として有力なカードは?
  • 「ふるさと納税」で得する仕組みを分かりやすく解説します
  • 住宅ローン控除があっても、ふるさと納税にメリットはあるのか?
  • nanacoカードの作り方と損せず得する使い方
おすすめの記事